ホーム | 日系社会ニュース | 日本女性の会=ブラジル支部、発足式を6日に=小野田町枝さんの願い受け

日本女性の会=ブラジル支部、発足式を6日に=小野田町枝さんの願い受け

ニッケイ新聞 2013年9月5日

 「日本女性の会」(東京、小野田町枝会長)のブラジル支部「ブラジル女性の会」の発足会が6日午後2時から、文協ビル(Rua Sao Joaquim, 381, Liberdade)13号会議室で開かれる。
 日本会議の「女性運動や教育運動に取りくむ」という方針に則り2001年に設立され、夫婦別姓やジェンダーフリーに反対する活動を行う。
 夫が小野田寛郎さんであることから、「第二の故郷に支部を」という強い熱意が支部設立につながった。
 日本から代表委員を務める志摩淑子代表委員(朝日写真ニュース社代表取締役会長)、荒木栄子事務局長が出席する。
 関係者は「趣旨に賛同する方は誰でも歓迎します」と話している。
 問い合わせはブラジル日本会議(11・3271・6304)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「小野田さんの大和魂学んで」=伝記出版祝賀会で呼びかけ2016年12月7日 「小野田さんの大和魂学んで」=伝記出版祝賀会で呼びかけ  〝伝説の日本兵〟小野田寛郎さんのポ語伝記がブラジル陸軍から出版されたことを記念して、ブラジル陸軍南東部(マウロ・セザル・ロレナ・シジ総司令官)、リベルダーデ友好会(平崎靖之会長)、和歌山県人会(谷口ジョゼ会長)は11月18日、サンパウロ市のニッケイパレスホテルで祝賀会を行 […]
  • 最後の日本兵 小野田さん=伝記がブラジル陸軍から出版2016年11月11日 最後の日本兵 小野田さん=伝記がブラジル陸軍から出版  終戦を信じず、戦後30年近くフィリピン・ルパング島に潜み闘い続けた元帝国陸軍少尉、故小野田寛郎さん(和歌山出身)のポルトガル語伝記『セン・レンジソン(降伏せず)』がブラジル陸軍から発刊される。刊行発表会が18日午後7時からニッケイパラセホテル(Rua Galvao […]
  • 小野田さんの遺影を前に、ミサを執り行うアレッシオ神父2014年3月14日 小野田少尉、安らかに―=12団体がサンパウロ市で合同ミサ ニッケイ新聞 2014年3月14日 フィリピン・ルパング島から終戦29年後に帰国した元陸軍少尉、小野田寛郎さん(享年91)の追悼ミサが12日、サンパウロ市ジョン・メンデス広場のサンゴンサーロ教会で執り行われた。 文協、県連、援協、ブラジル日本会議、日伯文化連盟、和歌山県人会 […]
  • 大耳小耳2014年2月19日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年2月19日  USP医学部出身の尾崎医師は、1974年~79年に野球クラブに所属し、ピッチャーを務めた。75年度の部長でもある。「創設当時、部員はほとんどベネズエラ人留学生で、ブラジル人は唯一日系人が一人いただけだった」とか。当時は、1930年代半ばに […]
  • 小野田さん追悼合同ミサ=3月12日にサンパウロ市教会で2014年2月8日 小野田さん追悼合同ミサ=3月12日にサンパウロ市教会で ニッケイ新聞 2014年2月8日  フィリピン・ルパング島で終戦後も遊撃戦を約30年も続けた元陸軍少尉でブラジル移民、故小野田寛郎さん(享年91)の「お別れ会」が3月12日に東京の靖国神社「啓照館」で行われる。サンパウロ市でも追悼できるよう同日にジョンメンデス広場のサンゴンサ […]