ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海


 日系福祉団体のための支援歌謡祭。勢いが衰えないカラオケ熱に乗っていま、盛んだ。開催すれば、ほぼ確実に上がり(収益)があり、主催者側にとっても労に見合っただけの援助ができるので、やりがいがある▼例えば、慈善夕食会などは、上がりを寄付します、と言いながら、実際には主催者が参加チケットの消化をその団体の役員に押し付けたりすることがある。やってあげているのだから、そのくらいの犠牲は払ってもいいでしょう、といった態度が見える。押し付けられた側は迷惑だ▼そこへいくと、支援歌謡祭は、祭りに出て歌いたい人から〃出演料〃を徴収、それを福祉団体に寄付する。出演料には微妙な相場があるといわれるが、主催者は敏感にそれを読み取って額を設定する。高いからやめた、などがあっては成功はおぼつかない。いまや、上がりのことだけを考えるなら、有名プロ歌手を呼んでコンサートを開くよりも、はるかに有利、有効であるのは間違いない▼歌謡祭で歌ってみたい人はつぎからつぎと出てくる。歌の力、歌の魅力というのだろうか。歌の介在が正(まさ)しくなにかを成し遂げる原動力になっている▼支援歌謡祭は、歌い手が末広がりだけに、将来とも、資金集めには強力な方法だ。さきに連載した「越境する日本文化、カラオケ」で、歌謡団体関係者が、カラオケはあと十年は廃れないと見通した。支援してもらう福祉団体には、快い〃御託宣〃だったのではないか。(神)

03/03/14

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2013年9月17日 麻が結わえた南米との絆=エクアドルの古川拓植=(2)=ダバオ時代とほぼ同じ作業=ラバと人の目と手が頼り ニッケイ新聞 2013年9月17日  「いつも上を見て歩くのが癖になっている」と、切り倒されたアバカで足場の悪いプランテーションを歩く半沢勝さん。上を見るのは咲きそうな花がないか探すためだ。開花直後がいちばんしなやかな繊維が取れるのだそうだ。 […]
  • 《サンパウロ・カーニバル》3日からいよいよ開幕!=400万人動員の見込み=今年から立小便で500レアル罰金条例2018年2月2日 《サンパウロ・カーニバル》3日からいよいよ開幕!=400万人動員の見込み=今年から立小便で500レアル罰金条例  2月3日から始まる、サンパウロ市路上カーニバルの開催概要の発表記者会見が1月31日行われ、ジョアン・ドリア、サンパウロ市長(民主社会党・PSDB)は「今年の新機軸は5月23日大通りをパレード会場に加えること。観客動員は400万人、経済効果は5億レアル。サンパウロ市カー […]
  • 富山県人会=総会・新年会2010年2月3日 富山県人会=総会・新年会 ニッケイ新聞 2010年2月3日付け  ブラジル富山県人会(根塚弘会長)は21日午前10時から会館(R. Pandia Calogeras, 87)で2010年度定期総会を開く。 […]
  • ■今週末の催し2012年10月4日 ■今週末の催し ニッケイ新聞 2012年10月4日付け  土曜日(6日)  モンチアズール日本祭り、午前10時、モンチアズール・コミュニティ協会・文化センター(Av. Tomas de Souza, 552, Jd. Monte Azul)      ◎ […]
  • ■今週末の催し2015年9月24日 ■今週末の催し  土曜日(26日) 花といちごの祭典、午前9時、エドムンド・ザノニ市立公園(Av. Horacio Neto, 1030, Atibaia)、日曜日も     ◎ 書道愛好者展、午前9時、文協(Rua Sao Joaquim, […]