ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

3月15日(土)

 サンパウロ州リベイロン・プレット市で十三日、母親と未成年の娘二人が家の中で死体となって発見された。警察によると、凶器は金づちとナイフ。少なくとも三日前に殺害されたもよう。警察はまだ容疑者の手がかりはないが、今週始めに消息不明となった父親を重要参考人として探している。三人の親戚は、父親が暴力をよく振るい、夫婦仲が悪かったと話している。
     ◎
 サンパウロ州ミラソル市で十二日、七十歳の男が現行犯逮捕された―。理由は「ネコを捕まえて食べるという動物虐待行為」。警察は同日、皮をはがされている途中のシャムネコと、袋の中にいたもう二匹のネコを発見。またネコ用のおとり箱も見つかった。一人暮らしの男は貧乏で、食料困難のため数年前からネコを食べるようになったという。
     ◎
 サンパウロ州リベイロン・プレット市で九日、十年前に死亡した少女の遺体が、腐乱せずに保存されていたことが分かった。少女の叔父が死亡し、埋葬するため一家の墓が開かれたが、墓地職員は少女の遺体を見て驚いたという。遺体は水分を失っただけで腐敗の様子はなかった。同市法医学研究所側は、遺体がミイラ化した可能性があると述べている。
     ◎
 サンパウロ連邦大学心理学部の研究者が瞑想調査のために百人のボランティアを募集している。調査は、瞑想が肉体と精神に安らぎを与え、集中力と自己統制能力を高めると話す瞑想信奉者の根拠を探ることを目的としている。ボランティアの条件は十八歳から五十歳までの健康で瞑想未経験者の男女。詳しくは(11)5575・1677番まで。募集は四月三十日締め切り。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》警官が2、7歳の幼女を保護=両親の遺体の横で数日過ごす2020年9月30日 《サンパウロ市》警官が2、7歳の幼女を保護=両親の遺体の横で数日過ごす  29日未明、サンパウロ市東部イタイン・パウリスタ区で、男女2人の遺体が見つかり、そばにいた2歳と7歳の女児が保護された。  遺体が発見されたのはイタイン・パウリスタ区ジャルジン・ミリアンの民家で、亡くなった男性と同じ敷地内に住む男性の兄弟からの通報を受けて駆け付けた […]
  • 《ブラジル》コロナ感染者続発でサッカー試合中止?=裁判所の判断で試合は実現も2020年9月30日 《ブラジル》コロナ感染者続発でサッカー試合中止?=裁判所の判断で試合は実現も  新型コロナウイルスの感染拡大のペースが落ちてきた事で試合が再開されたサッカー。だが、選手やスタッフが感染した場合は、陣容が整わないとか、濃厚接触によって感染が拡大するのを避けるために試合を中止して欲しいといった、やり取りが起こりかねない。  その一例が、27日の午後 […]
  • 《ブラジル》パラー州=連警が保健関連の汚職捜査=知事を含む要人らが対象に=12億レアルの不正契約?2020年9月30日 《ブラジル》パラー州=連警が保健関連の汚職捜査=知事を含む要人らが対象に=12億レアルの不正契約?  連邦警察が29日、パラー州での保健関連の汚職摘発のための一斉捜査を行い、エルデル・バルバーリョ知事(民主運動・MDB)を含む、州政府要人や公立病院などが逮捕や家宅捜索の対象となったと同日付現地紙サイトが報じた。  「SOS作戦」では、パラー州政府と同州内の公立病院の […]
  • 【日本移民112周年記念】「日本移民の日」に寄せて=在サンパウロ日本国総領事 桑名良輔2020年9月30日 【日本移民112周年記念】「日本移民の日」に寄せて=在サンパウロ日本国総領事 桑名良輔  日本人ブラジル移住112周年記念に際し、御挨拶を申し上げます。   1908年に最初の移民船笠戸丸がサントス港に到着してから今年で112年となります。多くの先達の方々がこの広大なブラジルの地を訪れ、厳しい環境の中、幾多の困難を乗り越え今日のブラジル日系社会の発展の礎 […]
  • 東西南北2020年9月30日 東西南北  サンパウロ市市長選に立候補しているギリェルメ・ボウロス氏(社会主義自由党・PSOL)が、ボウソナロ大統領を批判したとして、連邦警察から事情聴取を受けることになるという。また、インタビュー中に「ボウソナロ、辞めろ」と叫び、話題となった女子ビーチバレー選手のカロル・ソルベルグが、 […]