ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 民主社会党(PSDB)の重鎮、カルドーゾ元大統領は、14日付のフォーリャ紙の取材で、ジャイール・ボウソナロ氏に関して、「私の嫌いな要素が全部詰まっているような男だ」として、大統領選決選投票での支持を全面否定した。カルドーゾ氏は軍政時代に国外逃亡を経験するなど、「民主政治のために戦った」という印象が強い。さらに、ボウソナロ氏からは大統領時代の1999年に「銃で処刑されるべきだ」との暴言を実際に受けている。こうした人が党の重鎮でありながら、同党からは大統領選一次投票前の時点でジェラウド・アウキミン氏を裏切って、ボウソナロ氏支持へ鞍替えした人が目立った。党方針を今一度検証するべきか。
     ◎
 13日、サンパウロ市地下鉄5号線サンパウロ病院駅、サンタクルス駅、シャーカラ・クラヴィン駅の通常運行がはじまった。これで、同線が1号線、2号線と終日連結されることとなった。また、16日からはCPTM13号線で、グアルーリョス空港~ルス駅間のノンストップ急行の運行がはじまる。ルスからは10、12、14、16、22時、空港からは9、11、13、15、21時で運行する。市民生活が大きく変わりそうだ。
     ◎
 今日16日、サッカーのブラジル代表(セレソン)は宿敵アルゼンチンとの親善試合を行う。今回の会場はサウジアラビア。そのため、試合時間はブラジリア時間の午後3時からとなる。変則的な試合開催地である上、今回のアルゼンチンにはあのメッシが召集されていないため、見る側からすれば物足りないが公式戦。勝利を期待したい。 民主社会党(PSDB)の重鎮、カルドーゾ元大統領は、14日付のフォーリャ紙の取材で、ジャイール・ボウソナロ氏に関して、「私の嫌いな要素が全部詰まっているような男だ」として、大統領選決選投票での支持を全面否定した。カルドーゾ氏は軍政時代に国外逃亡を経験するなど、「民主政治のために戦った」という印象が強い。さらに、ボウソナロ氏からは大統領時代の1999年に「銃で処刑されるべきだ」との暴言を実際に受けている。こうした人が党の重鎮でありながら、同党からは大統領選一次投票前の時点でジェラウド・アウキミン氏を裏切って、ボウソナロ氏支持へ鞍替えした人が目立った。党方針を今一度検証するべきか。
     ◎
 13日、サンパウロ市地下鉄5号線サンパウロ病院駅、サンタクルス駅、シャーカラ・クラヴィン駅の通常運行がはじまった。これで、同線が1号線、2号線と終日連結されることとなった。また、16日からはCPTM13号線で、グアルーリョス空港~ルス駅間のノンストップ急行の運行がはじまる。ルスからは10、12、14、16、22時、空港からは9、11、13、15、21時で運行する。市民生活が大きく変わりそうだ。
     ◎
 今日16日、サッカーのブラジル代表(セレソン)は宿敵アルゼンチンとの親善試合を行う。今回の会場はサウジアラビア。そのため、試合時間はブラジリア時間の午後3時からとなる。変則的な試合開催地である上、今回のアルゼンチンにはあのメッシが召集されていないため、見る側からすれば物足りないが公式戦。勝利を期待したい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年1月19日 東西南北  本日付で報じたボウソナロ大統領の長男フラヴィオ氏が行ったケイロス氏への捜査差止請求問題は、これまでどんなにネガティヴな報道があっても動じなかった強固なボウソナロ一族支持者たちを、はじめてと言っていいほど強く動揺させている。これまでも、前妻との裁判記録で明かされた父ボウソナロ氏 […]
  • 東西南北2019年1月17日 東西南北  昨日の話題は、本面でも報じている、ボウソナロ大統領が出した銃規制緩和の大統領令一色となっている。国民の間で議論が尽きない話題ではあるが、それとは関係なしに気になったのが、大統領が同令に署名する際に使ったボールペンだ。これは「BIC」社のもので、国内であればどこの文房具店でもか […]
  • 東西南北2019年1月18日 東西南北  15日夜、リオ西部バーラ・デ・グアラチーバの雑貨店が強盗に襲われ、経営者の母親を助けようとしたマテウス・ドス・サントス・レッサさん(22)が射殺される事件が起きた。この日の午後7時30分頃、武装した強盗が店に押し入ってレジの金を盗み、さらに金を要求してようとして脅した。マテウ […]
  • 東西南北2019年1月15日 東西南北  ボウソナロ大統領の長男でリオ州議のフラヴィオ氏(2月から上議)の「疑惑の職員」と騒がれている、ファブリシオ・デ・ケイロス氏はつい先日、癌の手術で入院していたサンパウロ市アルベルト・アインシュタイン病院を退院した。だが、その直後に、入院中に妻や娘たちと元気にサンバを踊っていた動 […]
  • 東西南北2019年1月16日 東西南北  米国のトランプ大統領が14日、ボウソナロ大統領をほめた。トランプ氏はニュー・オーリーンズでの全米農業機構会議での演説で、「03年のブラジルとの貿易関係活性化以来、初めて、ブラジルに牛肉が売れた。あの国には今、いい大統領がいる。なんでもあの国の人々は彼を〃南米のトランプ〃と呼ん […]