ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 民主社会党(PSDB)の重鎮、カルドーゾ元大統領は、14日付のフォーリャ紙の取材で、ジャイール・ボウソナロ氏に関して、「私の嫌いな要素が全部詰まっているような男だ」として、大統領選決選投票での支持を全面否定した。カルドーゾ氏は軍政時代に国外逃亡を経験するなど、「民主政治のために戦った」という印象が強い。さらに、ボウソナロ氏からは大統領時代の1999年に「銃で処刑されるべきだ」との暴言を実際に受けている。こうした人が党の重鎮でありながら、同党からは大統領選一次投票前の時点でジェラウド・アウキミン氏を裏切って、ボウソナロ氏支持へ鞍替えした人が目立った。党方針を今一度検証するべきか。
     ◎
 13日、サンパウロ市地下鉄5号線サンパウロ病院駅、サンタクルス駅、シャーカラ・クラヴィン駅の通常運行がはじまった。これで、同線が1号線、2号線と終日連結されることとなった。また、16日からはCPTM13号線で、グアルーリョス空港~ルス駅間のノンストップ急行の運行がはじまる。ルスからは10、12、14、16、22時、空港からは9、11、13、15、21時で運行する。市民生活が大きく変わりそうだ。
     ◎
 今日16日、サッカーのブラジル代表(セレソン)は宿敵アルゼンチンとの親善試合を行う。今回の会場はサウジアラビア。そのため、試合時間はブラジリア時間の午後3時からとなる。変則的な試合開催地である上、今回のアルゼンチンにはあのメッシが召集されていないため、見る側からすれば物足りないが公式戦。勝利を期待したい。 民主社会党(PSDB)の重鎮、カルドーゾ元大統領は、14日付のフォーリャ紙の取材で、ジャイール・ボウソナロ氏に関して、「私の嫌いな要素が全部詰まっているような男だ」として、大統領選決選投票での支持を全面否定した。カルドーゾ氏は軍政時代に国外逃亡を経験するなど、「民主政治のために戦った」という印象が強い。さらに、ボウソナロ氏からは大統領時代の1999年に「銃で処刑されるべきだ」との暴言を実際に受けている。こうした人が党の重鎮でありながら、同党からは大統領選一次投票前の時点でジェラウド・アウキミン氏を裏切って、ボウソナロ氏支持へ鞍替えした人が目立った。党方針を今一度検証するべきか。
     ◎
 13日、サンパウロ市地下鉄5号線サンパウロ病院駅、サンタクルス駅、シャーカラ・クラヴィン駅の通常運行がはじまった。これで、同線が1号線、2号線と終日連結されることとなった。また、16日からはCPTM13号線で、グアルーリョス空港~ルス駅間のノンストップ急行の運行がはじまる。ルスからは10、12、14、16、22時、空港からは9、11、13、15、21時で運行する。市民生活が大きく変わりそうだ。
     ◎
 今日16日、サッカーのブラジル代表(セレソン)は宿敵アルゼンチンとの親善試合を行う。今回の会場はサウジアラビア。そのため、試合時間はブラジリア時間の午後3時からとなる。変則的な試合開催地である上、今回のアルゼンチンにはあのメッシが召集されていないため、見る側からすれば物足りないが公式戦。勝利を期待したい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年5月24日 東西南北  英国北部マンチェスターで、現地時間22日夜、アメリカ人女性歌手アリアナ・グランデのコンサート終了時に自爆テロが発生し、22人が死亡した。アリアナ・グランデは事件直後に今後の欧州公演ツアー延期を発表したが、6月29日のリオ公演と7月1日の聖市公演は延期の予定はないと、主催者側は […]
  • 東西南北2017年5月23日 東西南北  20日夜から21日夜までかけて行われた、今年のサンパウロ市ヴィラーダ・クルツラルは、雨にも祟られ、閑散とした出足で終わった。ジョアン・ドリア新市長は、主要ステージをこれまでのセントロ集中から、北部のアニェンビー、東部のカルモ公園、南部のインテルラゴスなどに拡散させたが、どこの […]
  • 東西南北2017年5月20日 東西南北  来年のロシアW杯出場を決めているサッカーブラジル代表は、6月9日と13日に豪州メルボルンの地で、アルゼンチン、豪州と親善試合を行う。その代表メンバーが19日発表された。「欧州でプレーする何人かの選手には休暇が必要」との理由で、ネイマールは外された。今年2月に負傷したガブリエル […]
  • 東西南北2017年5月19日 東西南北  17日のジョエズレイ・バチスタ氏の録音付きの報奨付供述発覚の影響はとどまるところを知らず、翌18日には早速、閣僚離脱が起きた。ブルーノ・アラウージョ(民主社会党・PSDB)都市相だ。同氏は辞任の理由を、党内の声を聞いた結果としている。14年大統領選で斬りあいのような激しい選挙 […]
  • 東西南北2019年3月9日 東西南北  リオ州のウィルソン・ヴィッツェル知事は、国際女性デーの前日の7日、「マリア・ダ・ペーニャ法で告発を受けた男性は、リオ州の公的機関の委員会の役職者に指名できない」ことなどを決めた条例を裁可し、官報に掲載した。リオ州のような大きな州がこのような判断を行ったことは、家庭内暴力問題へ […]