ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 民主社会党(PSDB)の重鎮、カルドーゾ元大統領は、14日付のフォーリャ紙の取材で、ジャイール・ボウソナロ氏に関して、「私の嫌いな要素が全部詰まっているような男だ」として、大統領選決選投票での支持を全面否定した。カルドーゾ氏は軍政時代に国外逃亡を経験するなど、「民主政治のために戦った」という印象が強い。さらに、ボウソナロ氏からは大統領時代の1999年に「銃で処刑されるべきだ」との暴言を実際に受けている。こうした人が党の重鎮でありながら、同党からは大統領選一次投票前の時点でジェラウド・アウキミン氏を裏切って、ボウソナロ氏支持へ鞍替えした人が目立った。党方針を今一度検証するべきか。
     ◎
 13日、サンパウロ市地下鉄5号線サンパウロ病院駅、サンタクルス駅、シャーカラ・クラヴィン駅の通常運行がはじまった。これで、同線が1号線、2号線と終日連結されることとなった。また、16日からはCPTM13号線で、グアルーリョス空港~ルス駅間のノンストップ急行の運行がはじまる。ルスからは10、12、14、16、22時、空港からは9、11、13、15、21時で運行する。市民生活が大きく変わりそうだ。
     ◎
 今日16日、サッカーのブラジル代表(セレソン)は宿敵アルゼンチンとの親善試合を行う。今回の会場はサウジアラビア。そのため、試合時間はブラジリア時間の午後3時からとなる。変則的な試合開催地である上、今回のアルゼンチンにはあのメッシが召集されていないため、見る側からすれば物足りないが公式戦。勝利を期待したい。 民主社会党(PSDB)の重鎮、カルドーゾ元大統領は、14日付のフォーリャ紙の取材で、ジャイール・ボウソナロ氏に関して、「私の嫌いな要素が全部詰まっているような男だ」として、大統領選決選投票での支持を全面否定した。カルドーゾ氏は軍政時代に国外逃亡を経験するなど、「民主政治のために戦った」という印象が強い。さらに、ボウソナロ氏からは大統領時代の1999年に「銃で処刑されるべきだ」との暴言を実際に受けている。こうした人が党の重鎮でありながら、同党からは大統領選一次投票前の時点でジェラウド・アウキミン氏を裏切って、ボウソナロ氏支持へ鞍替えした人が目立った。党方針を今一度検証するべきか。
     ◎
 13日、サンパウロ市地下鉄5号線サンパウロ病院駅、サンタクルス駅、シャーカラ・クラヴィン駅の通常運行がはじまった。これで、同線が1号線、2号線と終日連結されることとなった。また、16日からはCPTM13号線で、グアルーリョス空港~ルス駅間のノンストップ急行の運行がはじまる。ルスからは10、12、14、16、22時、空港からは9、11、13、15、21時で運行する。市民生活が大きく変わりそうだ。
     ◎
 今日16日、サッカーのブラジル代表(セレソン)は宿敵アルゼンチンとの親善試合を行う。今回の会場はサウジアラビア。そのため、試合時間はブラジリア時間の午後3時からとなる。変則的な試合開催地である上、今回のアルゼンチンにはあのメッシが召集されていないため、見る側からすれば物足りないが公式戦。勝利を期待したい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年11月15日 東西南北  ボウソナロ政権で官房長官就任が確定しているオニキス・ロレンゾーニ氏に、再び収賄疑惑が浮上した。同氏は昨年、食肉大手JBSから下院選挙時に10万レアルの不正献金を得ていたことを追及され、自身も認めていたが、今度は12年の賄賂支払分配表に同氏の名前があり、10万レアルが支払われた […]
  • 東西南北2018年11月13日 東西南北  11日、SBT局が毎年主催する恒例のチャリティ番組「テレトン」の中で、ブラジルを代表する名司会者で同局社主でもあるシルヴィオ・サントスが、ジャイール・ボウソナロ次期大統領に電話をかけ、「これからの8年はあなたに、その次の8年を(次期法相の)セルジオ・モロ氏に大統領をつとめても […]
  • 東西南北2018年11月14日 東西南北  ボウソナロ政権で官房長官就任が約束されているオニキス・ロレンゾーニ下議が12日、「ノルウェーはブラジルに学ぶべきだ」と発言した。取材陣から、一度は廃止になりかかっていた環境省のことや、ブラジルが環境問題で欧州の環境団体から多額の罰金を課されそうなことを尋ねられ、「我々には我々 […]
  • 東西南北2018年11月9日 東西南北  ジャイール・ボウソナロ氏が大統領に就任する際、国民の気になることの一つは「銃の自由化」の問題だ。サンパウロ市ではそれを見越してか、もうすでに、「銃所有申請」の宣伝を行っている企業が存在しているという。それは、南部サントアマーロにある「カルトーリオ・ファーシル」という会社で、「 […]
  • 東西南北2018年11月10日 東西南北  現在、次期政権の組閣に忙しいジャイール・ボウソナロ次期大統領。そんなボウソナロ氏の自宅に8日、思わぬ客が訪れた。その人はロベルト・レイ。「ドトール・レイ」の異名を取る美容整形外科医で、これまでも数多くのテレビに出演し、自身の番組まで持っていたほどの有名人だ。その「レイ先生」の […]