ホーム | 日系社会ニュース | 世界とあなた占う=商議所が異色の講演会

世界とあなた占う=商議所が異色の講演会

3月15日(土)

 ブラジル日本商工会議所・コンサルタント部会(西川悦治部会長)は二十八日午後三時から、サンパウロ市フレイ・カネッカ街一三六〇番クラウンプラザ・ホテルで『二〇〇四年から世界とあなたが大きく変わる』と題し講演会を開く。講師は自然法則学会の飯田亨代表。「二〇〇四年からのあなたの変わり方と生き残り方」についてアドバイスし、「二〇〇四年から世界はどう変わるのか」予測する。商議所としては一風変わった〃占いセミナー〃開催となる。午後四時半から、質疑応答と新刊サイン会。
 飯田代表は陰陽自然法則学の研究、普及に努めている。西川部会長は、「昨今は、過去の常識では想像もできない歴史展開が起こり、多くの分野の専門家が未来を展望することができないでいる。飯田氏は二〇〇四年二月を境に世界が激変すると十数年前に唱えている。この十数年間毎年、世界の政治経済の変化を予測している。この種のテーマは、識者には科学技術を冒涜するもので非科学的で不遜のたわごとと忌避される向きもありましょうが、飯田氏が説くもう一つの〃地球の隠された法則〃について聞いてみるのもいいのでは」と、講演会設定の背景を説明し多くの聴講を呼びかけている。
 飯田氏は祖父の代から三代、百年かけて中国古代陰陽数理学を研究した結果、もう一つの〃地球の隠された法則〃を発見した。西川部会長は、「天下は女性が創造している。飯田氏は主人の運気本質、子どもの運気本質を見抜き、主人との相性、子どもとの相性を説く。夫婦親子でも相性は刻一刻と流動する。奥様の参加も歓迎します」と夫人の来場を呼びかけている。
 [飯田享略歴]
 自然法則学会代表。一九四七年生まれ。祖父飯田天涯、父飯田黄庸から継承された飯田流陰陽学を発展させた。陰陽三大教理の「十干」「十二支」「九数」を基本に未来を予知する。米国同時多発テロ、ルーラ大統領の当選を予測した。新刊『地球のかくされた謎』とポルトガル語版『陰陽自然法則学1』の発刊に合わせ今回、初来伯する。十年期と三十年期の境目が重なる二〇〇三-四年の世界の大変動を最も重要視している。著書に『陰陽自然法則学1』、機関紙『ライフガイド』がある。

image_print

こちらの記事もどうぞ