ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海


 「ぶんきょう丸」の出航が間近かとなった。あとひと月待たずして注目の船長も決まり、大海に船出する。文協(ブラジル日本文化協会)の改革委員会が新評議員一五〇人と補欠五〇人を推薦した。顔ぶれは妥当なところだし、大物の名も少なくない。丹念にひろい上げた配慮のあとがうかがえる▼名ばかり連ねるのみで過去一度も出席しなかった参加意識ゼロの委員は排除された。至極当然のはなしだ。こうした手合いは文協の害になるだけで何の役にも立たない。これを今度のシャッパ作成ではっきり示し得たのは勇断である。〃良貨〃の駆逐化を事前に食いとめたといえるだろう▼定款にしたがい手順を踏むと、この二十二日の四十七回定期総会で新シャッパによる評議員を承認する。さらに二十日後の四月十二日に新しい評議員が招集され、執行部の正副会長、監査役を選出する。もちろん評議員会の役員も決める。ここで初めて改革委の意図する会長、副会長らの誕生となる。文協の役員選びはこれまでと違って人びとの注目を集めるにいたったのは確かである▼このような雰囲気は改革委の真剣な取り組みによって自然に醸しだされた。コロニアに張り合いとやる気を起こさせた功は大きい。新執行部の人事次第により文協向後の行く末が左右されよう。今回は特別だ。巷間で早くも下馬評が飛び交うほどに期待感を募らせ関心度は高まっている▼お膳立てはできた。出航用意は万全。新船長の号令を待つばかりである。
(田)

03/03/19

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ふるさと=サンパウロ 梅田禎一2015年6月30日 ふるさと=サンパウロ 梅田禎一  『ふるさとは遠きにありて思うもの』 そんな一句を初めて読んだのは少年期でしたが、その真意が解せず八十路を越えた現在になって何となく思い当たる様になりました。 2才の年、父母と4人の姉と共に生まれた日本を離れブラジルへ移住。その翌年、母は5人の幼子と若い父を残し亡くなりまし […]
  • なつメロ=合唱の集い2010年11月30日 なつメロ=合唱の集い ニッケイ新聞 2010年11月30日付け  なつメロ合唱の集いが4日正午から老ク連会館(R. Dr. Siqueira Campos, […]
  • 東西南北2020年9月5日 東西南北  サンパウロ州検察局の教育部門担当検察官のダニエル・セーラ・アズル・ギマリャンエス氏が、州内の学校再開に関して「10月再開は非常に難しい」との見解を示した。だが、ジョアン・ドリア州知事は10月7日の再開を目指している。それに関し、「州が再開する際に求めている器具や衛生状態を10 […]
  • 野球W杯=3対4でキューバに惜敗=9回裏
    痛恨のサヨナラ本塁打=先発10人中8人が日系=準々決勝初進出の快挙2003年10月24日 野球W杯=3対4でキューバに惜敗=9回裏 痛恨のサヨナラ本塁打=先発10人中8人が日系=準々決勝初進出の快挙 10月24日(金) […]
  • 《ブラジル》ベネズエラ人移民を4市に移送=ブラジリアでも50人受け入れ2018年7月27日 《ブラジル》ベネズエラ人移民を4市に移送=ブラジリアでも50人受け入れ  ブラジル北部のロライマ州に流入しているベネズエラ人移民を国内各地で受け入れる計画が進んでおり、24日も131人が4州に移送された。  ブラジル空軍機を使った移送は6回目だ。今回の移送先と人数は、ブラジリア50人、リオ・デ・ジャネイロ市36人、マット・グロッソ州クイア […]