ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 金利26.5% 当面は維持=引上げ、イラク戦次第=原油高騰すればインフレ

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》パウリニアの製油所で爆発事故=死傷者はゼロだが生産停止2018年8月22日 《ブラジル》パウリニアの製油所で爆発事故=死傷者はゼロだが生産停止  サンパウロ州内陸部パウリニアにある、ペトロブラス社最大のレプラン製油所で20日に爆発事故が発生。石油精製は全面的に中止されたが、21日には従業員も勤務に復帰と21日付現地紙、サイトが報じた。  レプラン製油所での爆発事故は、20日午前1時頃、発生した。最初の爆発は、 […]
  • 《ブラジル》全国規模でトラックのスト=連日の燃料値上げに抗議2018年5月22日 《ブラジル》全国規模でトラックのスト=連日の燃料値上げに抗議  原油の国際価格高騰に伴い、ブラジル国内では先週中に5回、22日も再度、ディーゼル油が値上げされた事に抗議し、トラック運転手が21日に全国規模のスト決行と同日付現地紙サイトが報じた。  今回のストは、燃料値上げに反対するために、ブラジル・トラック運転手協会(ABCam)と全国 […]
  • 原油価格が大幅値下がり=ブラジル経済に吉か凶か=世界のこれからに注目!=駒形 秀雄2016年1月22日 原油価格が大幅値下がり=ブラジル経済に吉か凶か=世界のこれからに注目!=駒形 秀雄  今年1月不景気風を心配している私達の目前に飛び込んできたのは――「世界の原油の価格が大幅に値下がりした。それを受けてサンパウロの株式相場も大幅に下落した」と云うニュースです。「さては又、不況の上乗せか、新年早々縁起でもない」と、原油(石油)のことなどに詳しくない庶民は頭を悩ま […]
  • リオ州沖で油が流出=フラーデより小規模だが=求められる適切な対策2011年12月21日 リオ州沖で油が流出=フラーデより小規模だが=求められる適切な対策 ニッケイ新聞 2011年12月21日付け  11月に起きたフラーデ油田での原油流出に続き、リオ・デ・ジャネイロ州南部のイーリャ・グランデ湾で石油掘削船からの油流出が16日に起きたと、19〜20日付で伯字紙が報じた。 […]
  • 東西南北2008年11月13日 東西南北 ニッケイ新聞 2008年11月13日付け […]