ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!


 セントラル老人ホームでは入居者自身が身の回りの仕事をしながら、共同生活を送っている。規則は特になく酒も煙草も自由。
 九十三歳の女性は、別に問題はありませんと、紫煙をくゆらす。酒好きの男性はピンガを買い込んではちょびちょびやる。たまに、調子に乗って飲みすぎ乱れても、周囲の人が介抱をする。
 映画監督ミゲル・リティンは軍政下のチリから亡命、八五年、祖国に潜入し「戒厳令下チリ潜入記」を撮った。自分を別人に仕立てるのがもっとも難しかったという。
 年をとってから人格や習慣を変えようと思っても容易に出来るものでない。規則で縛るよりも酒も煙草も本人の意思に任せたほうがよい。
 経営者は井口幸子さん。九十三歳。「母」の懐は大きい。    (古)

03/03/27

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ニッケイ俳壇(850)=星野瞳 選2015年8月6日 ニッケイ俳壇(850)=星野瞳 選    アリアンサ         新津 稚鴎 気まぐれな雨が降っては冴へ返る屈託もなき髙笑い夜なべ子等サンジョンの焚火にちらと見しは彼ダムの水深く映りて凍てし星確実に老化は進み秋も逝く【一九十五年生れの、確実に百才を迎えられた作者・稚鴎さんには、老化など露見られぬ。どうか […]
  • 百周年を記念してBR―369沿いに建設された大鳥居2015年7月7日 「日本人なくして北パラナの開拓なし」=州入植百周を盛大に祝う=前線基地だったカンバラ  パラナ日伯文化連合会(折笠リカルド力己知会長)が主催してパラナ州日本人入植百周年記念式典が13日にカンバラ市に約150人の日系団体代表が集まり、続いて翌週20日には慰霊祭がローランジャ市日本移民センターで盛大に挙行された。カンバラは北パラナの玄関口として、また〃足場〃とし […]
  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(8)2020年9月19日 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(8)  のちに日本新聞を始める翁長助成(おながすけなり)は、日伯新聞の主筆をやった時代がある。翁長と親交の深かった河合武夫は「モッカの場末のポロン(地下室)ではグーデンベルグが創始した頃のような手刷りの印刷機で双肌脱いだ元気の若い彼(翁長)が、気合諸共エイッと一枚ずつ刷る。十 […]
  • 《ブラジル》牛肉の輸出が12%増加=1~8月に130万トン2020年9月10日 《ブラジル》牛肉の輸出が12%増加=1~8月に130万トン  ブラジル冷蔵協会(Abrafrigo)が8日、1~8月の牛肉輸出は昨年同期比で12%増の130万トンだったと発表した。8日付現地サイトが報じた。  輸出増をけん引したのは中国で、同期間中の牛肉輸入量は昨年同期比で65・8%増えた。中国はアフリカ豚熱(ASF)の流行で動物性タ […]