ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

 グローボ局の人気番組ビッグ・ブラザー3で一気に有名人の仲間入りをした日系女性サブリナ・サイトウに、さっそくプレイボーイ誌からヌード撮影の申し込みがあり、本人は「家族が許さないから」と断わっていた。
 ところが、二十七日付けフォーリャ紙によれば、ちょっと事情があったようだ。非日系である父オマール・ラハル氏(母方が日系)が「四十万レアルに加えてその号の売上から何%」と条件を出して交渉していたらしい。でも同紙が申し出ていたのは、それよりはるか下の金額だったとか。
 ちなみに、彼女には妹カリーナがおり、同記事によればこっちこそ「本当のヴィーナス(女神)」らしい。
 日系としては珍しくセクシーさで話題を振りまいた彼女。その後ろにはブラジル版〃りえパパ〃がいた?! (深)

03/04/02

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年6月17日 東西南北  2022年の大統領選出馬を有力視されていたグローボ局司会者のルシアノ・フッキが、16日未明、出馬断念ととれる発言を行った。フッキは同局の深夜番組「コンベルサ・コン・ビアル」に出演した際、2022年に関して、「ドミンゴン・ド・ファウストンの後番組の司会者を務める予定」と答えた。 […]
  • 《ブラジル》大統領がインド首相にクロロキンで電話=ワクチンとは対照的な迅速対応=CPIで深まった女隊長の疑惑2021年6月16日 《ブラジル》大統領がインド首相にクロロキンで電話=ワクチンとは対照的な迅速対応=CPIで深まった女隊長の疑惑  すでに「効用がない」との研究結果が出た後も、外務省がインドの企業3社にクロロキンを求めていたことや、連邦政府がファイザー製薬のワクチンの返事に2カ月かかっていたところが、クロロキンだと15分で返答を行っていたことなどが明らかになった。さらに、上院のコロナ禍の議会調査委 […]
  • 《ブラジル》コパ・アメリカが反発の中で開幕=デモ発生、視聴率過去最低2021年6月15日 《ブラジル》コパ・アメリカが反発の中で開幕=デモ発生、視聴率過去最低  国民の大半がコロナ禍を理由に開催を反対する中、ブラジル開催のサッカーのコパ・アメリカが低調にはじまった。14日付現地紙などが報じている。  コロナ第3波が恐れられる中でのブラジルでのコパ・アメリカ開催に、国民は強い反発を示している。11日にXPインヴェスチメントスが […]
  • 《ブラジル》大統領府通信局が偽ニュースサイト支援?=運営者を大手メディア幹部に紹介2021年6月15日 《ブラジル》大統領府通信局が偽ニュースサイト支援?=運営者を大手メディア幹部に紹介  大統領府通信局(SECOM)元局長のファビオ・ワインガルテン氏が、フェイクニュース捜査の対象のブログ運営者に政府協力メディアの存在を明かし、同氏に有利に計らうことを約束した様子が音声データとともに報じられた。13、4日付現地紙が報じている。  これは13日付グローボ紙が独占 […]
  • 東西南北2021年6月15日 東西南北  13日、ブラジルの日曜夜のおなじみのグローボ局の長寿番組「ドミンゴン・ド・ファウストン」の司会者、ファウストン(71)が番組を初めて病欠した。理由は尿路感染で、10日に症状を訴え、サンパウロ市のアルベルト・アインシュタイン病院に入院中だ。同番組は1989年から32年も続いてい […]