ホーム | 連載 | 2003年 | 将棋 新風起こせるか | 将棋 ―新風起こせるか―(1)=「強制せずに育てたい」=祖父、孫の自主性尊重

将棋 ―新風起こせるか―(1)=「強制せずに育てたい」=祖父、孫の自主性尊重

5月28日(水)

 薄手のブルーのジャンパーに身を包んだ子供が会場をちょろちょろと動き回って、大人たちの指し手をみる。将棋盤に向かう、生き生きとした表情が印象的だ。
 日系三世の長尾大樹君(ソロカバ市、一〇)は、将棋を始めて一年ほどになる。祖父の富生さん(愛媛県出身、六三)は、「指し方をようやく覚えた程度だ」という。
 全伯規模の大会は王将戦(二十五日)が初めて。実はこの日、富生さんは大樹君に内緒で来聖する予定で、「本人には、一言も言っていなかった」。
 だが、大樹君は朝早く起床して、大会に連れていってほしい、とせがんだ。
 初・段外部門に出場したが、予選リーグで全敗。決勝トーナメントに進むことは出来なかった。
 負けてめげてしまうのかと思えば、その逆で、「次(の大会)はいつあるの?」と、祖父に尋ねた。
 よほど思い出深い大会になったようだ。空いた席で相手をみつけては、楽しそうに、将棋を指していた。
 予選リーグで対局した高島将元さん(東京都出身、八五)は、「筋がよい。気に入った。きっと伸びるはず」と、期待を込める。
    ***
 金物店を営む富生さんの元には、友人が将棋仲間を求めて集まってくる。将棋盤を挟むお年寄りの姿が少年の興味を引いた。
 「ルールを教えて」。自ら進んで祖父に頼んできた。駒の動かし方を教えると、近くに住む同い年のいとこと遊び始めた。
 大樹君があんまり勝ちすぎるようになったので、相手が対局を嫌がり出した。それで、祖父が代わりに指してきた。
 学校での得意科目は数学。テレビゲームに熱中する現代っ子でもある。
 「日本流のしごきは、ダメ」。関心を失わせないために、わざと負けることもある。上位者に勝ったという喜びが向上心につながるからだ。
 「トゥルマ(仲間)がいない」。これが一番の悩みだ。地元の将棋クラブには十二、三人が所属している。同年代の子供はいない。
 「切磋琢磨できる友達が周囲にいれば実力は上がるのに…。日本語学校に(将棋を)PRしてみようかな」と、富生さんは表情を曇らせる。
 息子は仕事に追われて娯楽を持つどころではなかった。次の代の孫が、昔からの趣味である将棋に関心を示した。
 祖父としては、強制はせず、自主性を尊重しながら育てていきたいところのようだ。

 平均年齢はおよそ六十五歳。創立六十年を二年後に控え、ブラジル将棋連盟(中田定和会長)は後継者不足に悩んでいる。王将戦が二十五日、サンパウロ市リベルダーデ区の将棋会館で開かれた。やはり、一世のお年寄りが出場者の大部分を占め、愛好者の高齢化を改めて印象付けた。だが、その中に、子供、非日系人、二世の若手実力者などが交じり、光を放った。果たして新風を巻き起こせるかーー。

■将棋 新風起こせるか(1)=「強制せずに育てたい」=祖父、孫の自主性尊重

■将棋 新風起こせるか(2)=チェスから入ったエゴロフさん=トップレベルにあと一息

■将棋 新風起こせるか(3)=連盟「後継者」と期待=ミナスの高根さん 将棋盤携行して移住

■将棋 新風起こせるか(終)=若手のホープ高島さん=ベレーンで貿易商、人望集める

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「ブラジル経済に好転の兆し」=商議所、FGV大教授が講演2016年7月30日 「ブラジル経済に好転の兆し」=商議所、FGV大教授が講演  ブラジル日本商工会議所(村田俊典会頭)の定例昼食会が22日、サンパウロ市チヴォリ・サンパウロ・モファレッジホテルで開催された。ジェトゥリオ・ヴァルガス財団(FGV)大学経済学部のヴェラ・エレナ・ソーステンセン教授を招待し、ブラジルの国際貿易におけるチャレンジをテーマに講演が行 […]
  • 新リーダーら4人を顕彰=「百周年へ更なる活躍を」2003年6月24日 新リーダーら4人を顕彰=「百周年へ更なる活躍を」 6月24日(火) […]
  • 日系五世の高校生が堂々の祝辞=天皇陛下御即位30年式典で=北野監督、山中教授らに並んで2019年4月27日 日系五世の高校生が堂々の祝辞=天皇陛下御即位30年式典で=北野監督、山中教授らに並んで  「天皇陛下御即位三十年奉祝感謝の集い」が今月10日、東京都内の国立劇場にて挙行された。選りすぐりの来場者約1800人を前に、安倍晋三首相や映画監督の北野武氏、京都大学の山中伸弥教授らが次々と感謝の言葉を述べる中、サンパウロ市在住のエタッパ高校2年生の宮﨑真優さん(16、五 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(11)2013年9月28日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(11) ニッケイ新聞 2013年9月26日 【なに野暮な事を・・・、俺達一世に悪者がいるはずないだろう! 詳しくは邦字新聞に載っているがね】 「カンジが読めるだけで優越感持ち、悪い事は全て二世だと人種差別しやがって・・・、一世のヤボ記者」 […]
  • 東西南北2007年9月1日 東西南北 2007年9月1日付け  被告人を多勢迎えた裏金公判で最高裁のグラシエ長官と検察官の会話。 グ「整理券を発行し、ハイ、次、ハイ、次とやったらどうかしら。四十人は少ないわネ。もっと大勢居たはずなのに」 […]