ホーム | 連載 | 2003年 | 由緒ある建物2館=県連、日帰りで訪問 | 由緒ある建物2館=県連、日帰りで訪問(下)=モジ箱根から富士山?=どこか神秘的なカザロン

由緒ある建物2館=県連、日帰りで訪問(下)=モジ箱根から富士山?=どこか神秘的なカザロン

6月14日(土)

 博物館で予想外の面白さを楽しんだ県連日帰りモジ旅行一行は、一路、コクエラ植民地の「モジ箱根」(シッチオ松尾)へ。名前の由来は、五二年前に五人の有志が観音寺を作ったことに発するそう。現在は食事だけでなく、プールや宿泊施設もある。
 昼食後、観音寺のある高台まで登ったある参加者は、〃箱根〃だけに「今日は曇りだから見えないけど、晴れてると富士山が拝めるらしいよ」と爆笑。終始にぎやかムードだ。
 午後四時過ぎにようやく最終目的地のカザロン・デ・シャーに到着。
 「みなさん、ようこそいらっしゃいました」――。迎えてくれたカザロン保存会の中谷哲昇(あきのり)会長は、独自の作風を持つ陶芸家として有名。そのせいか、足元はペタペタのサンダル。朝方降った雨でできた、ぬかるみをものともせずに先頭を切って歩く。
 玄関の両側を支える太い柱に、枝付きの丸木が使われており、自然の曲線を生かした独自の寺社建築様式だ。建物全体の主要構造には組込み式が採用されており、ほとんど釘が使われてない。十五×三六メートルの細長い二階建て建築だ。
 三十年もののユーカリ材が使われているが、ブラジルにユーカリが導入されたのが二〇世紀初頭だから、ごく初期のそれが使われていることになる。天然の曲線を生かした作りは、まるで〃木造建築のガウディ〃のよう。もし宿泊したら、〃神秘的〃な体験でもできそうな雰囲気だ。
 この建物は、片倉合名会社が長野県諏訪市出身の大工棟梁・花岡一男を呼び寄せ、潤沢な資金を与えて一九四二年に建設した。
 二十年ほどお茶工場として操業した後、放棄されたそう。現在ではかなり損壊がひどく、早急に改修工事をする必要がある。八二年に州政府の、八六年には連邦政府の文化財に指定されたが、なかなか費用は集まらない。
 昨年、連邦政府からの援助で、家屋全体を覆う鉄筋の屋根をふき、雨によるダメージはなくなった。しかし、肝心の本体の改修は「なんとか百周年までには」と中谷会長は語る。
 最近、同敷地内に陶芸教室用のスペースを設け、現在、ガス窯を中谷会長自身が作っている。「今月中に窯を完成させ、七月からさっそく陶芸教室を始めたい」と意気込む。将来的には「日本文化センター」として活用し、観光地化する夢を抱いている。
 薄暗くなった午後五時半頃、ようやく一行は聖市への帰路についた。(おわり)

■由緒ある建物2館=県連、日帰りで訪問(上)=予想外の収穫 州立博物館=多い日系人関連の展示

■由緒ある建物2館=県連、日帰りで訪問(下)=モジ箱根から富士山?=どこか神秘的なカザロン

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 琉球民謡保存会28日に祭典=来月には母県の本大会へ2017年5月24日 琉球民謡保存会28日に祭典=来月には母県の本大会へ  琉球民謡保存会ブラジル支部(城間伸明(のぶひろ)会長)は、『第10回琉球民謡の祭典』を28日午後13時から、同県人会会館(Rua Tomas de Lima, 72, […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も2017年5月24日 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も  西風会は『西風』第5号(207頁)を先月刊行した。毎月1回集まって議論をする私的な研究会で、体験談や調査内容を半年に一度ほど出版している。  5冊目の巻頭特集は、昨年10月30日に亡くなったサンパウロ人文科学研究所元所長で西風会の中心メンバーでもあった宮尾進さんの追 […]