ホーム | 日系社会ニュース | 三菱 多田新社長が着任=「ブラジルに大いに期待」

三菱 多田新社長が着任=「ブラジルに大いに期待」

6月21日(土)

 六月一日付けで伯国三菱商事会社取締役社長に着任した多田稔氏(五三)が十七日、三菱商事理事米州担当CEO補佐で前任の工藤章氏(五六)とともに来社、ブラジル経済の見通しや今後の抱負を述べた。
 新任の多田氏は一九七二年、三菱商事に入社。七七年から鉄鉱石部門一筋。九〇年から五年間、米国ニューヨークに駐在、その間にブラジル出張十数回という。
 一方、前任の工藤氏はリオ・デ・ジャネイロで二年間、サンパウロで三年間、商工会議所会頭を務め、中南米駐在は計十七年。中南米専門家といわれるほどブラジル経済に詳しい。
 多田氏は今後の事業展開について、「ブラジルは天然資源の国。アルミや銅、ニッケルのほか、植物資源も豊富。それらの資源を活かして、ブラジル発展に協力したい」と意欲的。ポルトガル語に関しては、「サバイバルできるくらいにはならなくては。ただ、五十歳を過ぎてからの勉強は難しいですね」と苦笑した。
 多田氏は、ブラジルは利子が高く、投資がしにくくなっていると嘆きながらも、「ブラジルに大いに期待している。持続して経済が伸びてほしい」と語った。

image_print