ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!


 二十一日を境に季節は冬入りも、白く照る太陽はまばゆい。そこで実用面に加え、ファッション性が高いサングラスが重宝される。子供までが着用する姿を見る。
 思い出すのはキューブリックの映画『ロリータ』だ。冒頭の場面。主人公の少女は黒いサングラスを付けて登場する。そのアンバランスさ。児童愛ともいわれる種の性的趣味を象徴していた。
 このところ伯字紙が世界文学集の刊行を始めている。『フォーリャ』、『オ・グロボ』とも第一巻は『ロリータ』。二巻はそれぞれ『薔薇の名前』、『百年の孤独』と続き、足並みがそろうのはこの一冊だけ。しかしなぜ『ロリータ』か。
 性に寛容なブラジル人気質の現れとみれば、二十二日サンパウロで行われたゲイ・パレードもそうだ。市長自ら発奮して参加。行列の終着点は―州教育庁の前だった。(大)

03/06/24

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジルチームが中国開催のロボットバトル大会で優勝=優勝賞金40万レアル(1200万円相当)獲得2018年6月23日 ブラジルチームが中国開催のロボットバトル大会で優勝=優勝賞金40万レアル(1200万円相当)獲得  ブラジル人のロボット技師チーム〃オグロボッツ〃が、中国で開催されたロボットバトル大会、クラッシュ・ボッツで優勝したと、ブラジル国内のニュースサイト(22日付)が報じた。  この大会の様子は、5億人のチャンネル登録者がいるインターネットTVで放映された。同大会の優勝賞金は40 […]
  • 三菱商事=ブラジルの穀物会社を子会社化=集荷販売に加え生産も=セアグロ社株式80%取得=「ブラジルは重要な穀物供給国」2013年6月4日 三菱商事=ブラジルの穀物会社を子会社化=集荷販売に加え生産も=セアグロ社株式80%取得=「ブラジルは重要な穀物供給国」 ニッケイ新聞 2013年6月4日  三菱商事(本社東京、小林健代表取締役社長)が、ゴイアス州に本社を持つ穀物会社ロス・グロボ・セアグロ・ド・ブラジル(Los Grobo Ceagro do Brasil S.A、以下セアグロ)を子会社化した。1日付エスタード紙、フォーリャ […]
  • 《ブラジル》棉の価格が20%も高騰=衣類の値上がりや品不足は?2020年9月19日 《ブラジル》棉の価格が20%も高騰=衣類の値上がりや品不足は?  棉の国際価格が値上がりしている事やドル高の影響で、ブラジル国内の棉の価格が8月末時点で20%も高騰している。  ブラジルでは米やフェイジョン(豆)などの食料品が値上がりし、庶民の懐を直撃しているが、衣類の製造に不可欠な棉の値上がりは、被服費の高騰を招く可能性がある。 […]
  • 東西南北2020年9月19日 東西南北  18日、ブラジルのネットはなつかしい写真で溢れた。それはこの日が、ブラジルでのテレビ本放送70週年記念日だったからだ。1950年、今はなきトゥピー局が放送を開始したのが最初となる。日本のNHKが本放送をはじめたのが1953年2月1日なので、それよりも2年半近く早かったことにな […]
  • 共同通信、特派員が交代=小西さん帰国、中川さん着任2020年9月19日 共同通信、特派員が交代=小西さん帰国、中川さん着任  共同通信サンパウロ市局長の小西大輔さん(50、石川県出身)の帰国にあたり、後任の中川千歳さん(42、千葉県出身)と共に来社した。  新支局長の中川さんは2010年から11年はテヘラン支局、14年から17年のロサンゼルス支局を経て、サンパウロ支局は3回目の海外赴任。し […]