ホーム | 日系社会ニュース | 梅狩りピクニックー兵庫県人会、後藤梅園へ

梅狩りピクニックー兵庫県人会、後藤梅園へ

10月8日(水)

 兵庫県人会(尾西貞夫会長)は、五日、県人の大先輩、カンピーナス日系人のピオネイロを自他共に許す後藤留吉さん(九五)の梅園「シチオ・サンタ・ローザ」(ヴァリニョス市バイロ・マクコ)にピクニックした。尾西会長はじめ、役員、会員、その友人らおよそ百人が参加、家族的な雰囲気のなかで、梅狩り、盛りだくさんの食事、さらにビンゴ、ゲームを楽しんだ。
 後藤さんは、少し脚と耳が不自由だがかくしゃく、一行を迎え「今季梅は不作だったが、まだ狩れるだけのものはある。ゆっくりと楽しんでほしい」と歓迎あいさつを読み上げた。歓迎場には、後藤さんがこれまで受けた、日ポ両語による表彰状、感謝状が二十ほど展示されていた。「公共のために、九十五歳という高齢になるまで、いかに寄与してきたか」を如実に示す書状であった。感謝状のなかには、神戸乗船記念碑建立に際し、ブラジルから第一号の寄付を行ったときのものがある。
 午後のひととき、一行の女性の一人が、休息中の後藤さんにたずねた。「健康法をききたい。あやかりたい」。答え「頭を使って、働くことです」。シチオを出る直前、記念撮影。杖をついた後藤さんをみんなが大声で招き、真ん中に囲み込んだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • GLA講演会、17日=『2019新年の集い』2019年2月9日 GLA講演会、17日=『2019新年の集い』  宗教法人GLAブラジル支部(尾田嘉雄理事長)は「映像の集い・2019新年の集い」を17日午後2時から、サンパウロ市リベルダーデ区のブラジル日本文化福祉協会代大講堂(Rua Sao Joaquim, […]
  • CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す2019年2月8日 CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す  日本の農林水産省が中央開発株式会社(以下CKC、本社=東京)に委託する「平成30年度中南米日系農業者等との連携交流・ビジネス創出委託事業」の会議が今月4、5両日、サンパウロ市の宮城県人会会館で開催された。昨年4月から再スタートした同事業には、ブラジル、亜国、パラグアイ […]
  • 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も2019年2月8日 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も  ブラジル高知県人会青年部(川上カミラ部長)は「第2回高知のおきゃく」を10日午前11時から午後4時まで、同会館(Rua das Miranhas, […]
  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 三重県人会総会、24日2019年2月8日 三重県人会総会、24日  ブラジル三重県人会(下川孝会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区の同会館(Av. Lins de Vasconcelos, […]