ホーム | 日系社会ニュース | 北海道協会=義捐金を呼びかけ=十勝沖地震で大きな被害

北海道協会=義捐金を呼びかけ=十勝沖地震で大きな被害

10月8日(水)

 九月末に北海道釧路沖を震源地に発生した「二〇〇三年十勝沖地震」で被災した同胞を助けようと、北海道協会(谷口出穂会長)が義捐金募集活動を展開している。
 同地震は先月二十六日午前四時五十分ごろに発生。釧路、十勝、日高の各地方で震度6弱を記録、死者一人、行方不明者二人、重軽傷者五百人以上、家屋の倒壊・半壊など甚大な被害をもたらした。
 北海道協会は、「地震のため、北海道庁は思わぬ出費に頭を抱えている。日頃、お世話になっている道庁に対し、幾らかでも私たちの意思を伝えるため、会員たちの心を差し上げたい」とコメント。金額に制限なし。募金の意思がある人は、協会事務局、または、銀行振込みで受け付けている。義捐金協力者は協会月報で名前、金額を掲載。
 ▽協会事務局(ヴィラ・マリアナ区ジョアキン・ターヴォラ街六〇五、電話・11・5539・0751)
 ▽銀行振込み ブラジル銀行アナ・ローザ支店(no.0646-7 c/c no.4.8520-6)、または、スダメリス銀行パライーゾ支店(no.0414 c/c no.00430.3000-4)。銀行振込み後、名前と金額、振込日を事務局まで連絡。

image_print

こちらの記事もどうぞ