ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 尽きない低俗番組=物好きな視聴者にも責任

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年12月12日 東西南北  アウキミン・サンパウロ州知事が党首に選ばれた民主社会党(PSDB)の党大会では、党重鎮のカルドーゾ元大統領もスピーチを行った。元大統領はそこで、「私はルーラ氏が監獄に入るのを見るより、我が党候補が彼に大統領選で勝つ姿を見たい」と語った。これは、解釈の仕方によっては、ルーラ氏が […]
  • サンパウロ市ルス駅=駅舎の外装修復工事完了=塔の時計も2年ぶりに動き出す2017年12月7日 サンパウロ市ルス駅=駅舎の外装修復工事完了=塔の時計も2年ぶりに動き出す  2015年12月21日に起きたポルトガル語博物館の火災により、甚大な被害を受けたサンパウロ市ルス駅の外装工事が完了し、6日からは塔の時計も機能し始めた。  ポルトガル語博物館はルス駅の上部に設けられており、同博物館の入り口とエレベーター部分を除いた駅舎の1階(地上階 […]
  • 東西南北2015年9月1日 東西南北  8月29日付本欄でも報じたように、サンパウロ州政府はモノレール15号線と17号線で計17駅の工事凍結の予定だが、それに対する不満の声が早速上がっている。15号線では、7駅が見送られたサンパウロ市極東部から「孫にすぐ会いに行けるようになると楽しみにしていたのに」「極東部在住者た […]
  • 東西南北2021年4月27日 東西南北  22年の大統領選への出馬が有力と見られているテレビ司会者のルシアノ・フッキ。彼の大統領選出馬に関しては2014年の選挙時から噂があり、「3度目の正直」ということで、今回は本当に出馬するのではないかと見られている。だが、その矢先に「グローボ局と2025年まで契約延長」との報道も […]
  • 《記者コラム》頼みの綱の軍部からも一線を引かれた大統領2021年4月6日 《記者コラム》頼みの綱の軍部からも一線を引かれた大統領 セントロンに追い詰められる大統領  3月24日、ブラジルはコロナ死者30万人を超えるという惨状を呈した。この社会的不安感と緊張感の高まりを背景に、経済界も対策を求める意見書を公開し、それに背中を押されて政界の動きも激しくなった。3月末には1日の死者が4千人超の日が出るなど事態 […]