ホーム | 日系社会ニュース | 歯科クリニカなど被害―モジ、強盗事件ひん発

歯科クリニカなど被害―モジ、強盗事件ひん発

10月9日(木)

 モジ・ダス・クルーゼス市高級住宅地、ヴィラ・オリヴェイラ区で一週間のうちに、歯科クリニカや弁護士事務所など計三ヵ所が立て続けに強盗に押し入られた。犯人は逃走、被害者らは警察に連絡するだけで、事件の公表を拒否。そのなか、サンパウロ歯科外科協会のモジ地区会長、クラウジオ・ミヤケ氏が犯罪対策運動を展開している。二日付、モジ・ニュース・オンラインが報じている。
 モジ市の中心地にある事務所や建物を狙った大胆な襲撃は珍しくない。年初め、語学学校ウイザードが八人組の強盗被害に遭い、二年前には、別の強盗がエルボール・タワーに侵入、人質をとり、様々な事務所備品を盗んでいった。
 「現在、歯科クリニカが標的にされているらしく、今年初めから、少なくとも五つの診療所が強盗被害に遭っている」とミヤケ氏。同市には百五十から二百のクリニカがあり、約千人の歯科医師が診療にあたっているという。
 現在、協会は歯科医らに一連の勧告書を製作している。ミヤケ氏は、「重大な事態」と危惧しながらも、自ら身を守る必要性を考慮。ヴィラ・オリヴェイラで同様の事件が起こる前に、協会は、警察が同時にすべての場所にいることは不可能と考え、様々な対策情報を流すことにした。
 元連邦警察官の警備会社相談役、アラン・テレス・メーロ氏は、「警察の犯罪予防警戒は、モジ市中心地域では、皆無に等しい。連邦警察の業務で確認できるその他の問題は、統計の不足。それがなければ、犯罪を撲滅するのはたいへん難しい」。連警第十七師団司令官で陸軍中佐、ウオルター・デ・パウラ・エ・シウヴァ氏は、「法令により、今のところ、バス車内などで行なうような立ち入り検査をクリニカや事務所で行なうことができない」と説明する。
 一方、モジ市公報機関は専門家の批判に対し、「市の警備体制は、十五分ごとに巡視や見張り行なっており、犯罪予防できている」と述べている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》予防接種会場に響く音楽=週2回オーケストラが生演奏2021年5月11日 《サンパウロ市》予防接種会場に響く音楽=週2回オーケストラが生演奏  サンパウロ市で60~62歳の人への新型コロナの予防接種が始まった6日、同市南部サントアマロ区アドルフォ・ピニェイロ大通りにある特設接種会場、パウロ・エイロー劇場(Teatro Paulo […]
  • 東西南北2021年5月11日 東西南北  8日、リオ市のエドゥアルド・パエス市長が、市内のローダ・デ・サンバ(輪になってサンバを歌う場)でマスクも着けずに生演奏で歌っている姿がネット上で流出。10日朝、謝罪を行う事態が発生した。リオ市では7日に規制緩和が発表され、バーは23時までの営業が可能となっていたが、サンバ・バ […]
  • 《ブラジル》アラウージョ前外相=クロロキン最優先の外交展開=ワクチン関心なしとF紙報道2021年5月11日 《ブラジル》アラウージョ前外相=クロロキン最優先の外交展開=ワクチン関心なしとF紙報道  3月に辞任した前外相のエルネスト・アラウージョ氏が、コロナウイルスへの効用がないとされるクロロキンの国外からの購入に関し、中心となる役目を担っていた疑惑が浮上した。同氏は上院でのコロナ禍に関する議会調査委員会(CPI)で召喚対象となっている重要人物のひとりだ。10日付 […]
  • 《ブラジル》コロナ死者の減少傾向維持=気になるリオ州の感染者増=ファイザー製ワクチン再配布2021年5月11日 《ブラジル》コロナ死者の減少傾向維持=気になるリオ州の感染者増=ファイザー製ワクチン再配布  新型コロナの死者は7日間の平均が2千人超の状態が50日以上続いている。だが感染学上の第14週(4月4~10日)に週間の死者最多(2万1141人)を記録して以来、4週連続で前週比減を記録し、若干ながら落ち着き始めている。ただし、新たな変異株が確認されたリオ州では感染者が […]
  • 《サンパウロ州》新たな予防接種日程を発表=新型コロナとインフルエンザ2021年5月11日 《サンパウロ州》新たな予防接種日程を発表=新型コロナとインフルエンザ  サンパウロ州政府が7日、新型コロナの予防接種の優先グループに50~54歳で恒常的な障害や慢性疾患を持つ人86万5千人を加えると発表した。  州政府は毎日のように新しいグループを優先接種対象に加えている。10日はダウン症の人、人工透析者、臓器移植後で免疫抑制剤の使用者 […]