ホーム | 日系社会ニュース | 在外選挙=県連手伝い開始=投票用紙の申請など

在外選挙=県連手伝い開始=投票用紙の申請など

10月11日(土)

 来月九日に衆議院議員選挙が行なわれるが、ブラジル日本都道府県人会連合会は在外選挙投票用紙の請求書作成および選挙人登録手続きなどの手伝いを十三日から事務局(サンジョアキン街三八一、文協ビル三階)で行なう。
 受付時間は午前九時から正午まで、午後一時から同五時まで(土日を除く)。持参書類は在外選挙人登録証書(前回の選挙で投票した人は日本から受け取った書類一式)。本人署名を確認したい人は領事館で調べることができるが、県連でも氏名、生年月日を知らせれば調べてもらえる。登録証書を紛失した人は領事館で再発行申請をすること。投票用紙を受け取った人は、日付記入欄に十月二十八日以降の日付を入れないと無効になるので注意。
 十日、案内に来社した中沢宏一県連会長は、「在外選挙で迷うことがあれば、私たちスタッフがお手伝いします」、竹下康義・石川県人会会長は、「登録していない人は、これを機会に登録してはいかが」と呼びかけていた。問い合わせは電話(11・3277・8569)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 新たな歴史の第一歩を2019年1月8日 新たな歴史の第一歩を  ブラジルへの日本人移民が始まって、今年で111年目。  昨年は移民110周年の節目として、秋篠宮眞子内親王殿下をお迎えし、第21回フェスティバル・ド・ジャポン会場内特設会場で記念式典を開催いたしました。母県からは多くの祝電並びに、18県からは知事を始めとする県民慶祝 […]
  • 県連代表者会議=次回日本祭り7月4~6日=「積極的に運営参加を!」2018年11月9日 県連代表者会議=次回日本祭り7月4~6日=「積極的に運営参加を!」  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)が「10月度代表者会議」を先月25日に県連会議室で行なった。和歌山県人会長の谷口ジョゼ日本祭り実行委員長が進める同祭の計画では、県人会の同祭運営の積極参加を求めている。  谷口実行委員長は「来年度の日本祭りに向けた話し合いは民主 […]
  • 県連故郷巡り=アララクアラ、ノロエステ巡訪=(1)=近年最多、参加者は159人=州境の町、ジャーレスへ2018年10月17日 県連故郷巡り=アララクアラ、ノロエステ巡訪=(1)=近年最多、参加者は159人=州境の町、ジャーレスへ  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の「第49回故郷巡り」が、先月20~25日の6日間、グローバル旅行社により催行された。今年で30年目を迎える今回のツアーの訪問地となったのは、旧アララクアラ鉄道から旧ノロエステ鉄道にまたがる地域だ。近年では最多と見られる1 […]
  • 先没者慰霊碑に正式な管理権=野村市議が仲介、市が県連に=民営化で撤去の危険も2018年10月16日 先没者慰霊碑に正式な管理権=野村市議が仲介、市が県連に=民営化で撤去の危険も  サンパウロ市のイビラプエラ公園民営化計画の検討が進められるなか、権利の所在を明記する書類がないことが懸案事項となってきた「ブラジル日本移民開拓先没者慰霊碑」。その管理権を明記する書類が今月4日、ブルーノ・コバス市長からブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)に正 […]
  • 県連代表者会議=来年の日本祭りテーマを打ち出し=県連災害基金創設案も2018年10月9日 県連代表者会議=来年の日本祭りテーマを打ち出し=県連災害基金創設案も  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)が「9月度代表者会議」を先月27日に県連会議室で行った。来年度の第22回日本祭りのテーマ案や、相次ぐ日本の自然災害を援助するため、県連災害基金の創設について話し合いが行なわれた。  会議では23日に行われた「第12回弁論 […]