ホーム | 日系社会ニュース | サンパウロ国際映画祭=松竹ヌーベルバーグ旗手=吉田監督の特集

サンパウロ国際映画祭=松竹ヌーベルバーグ旗手=吉田監督の特集

10月14日(火)

 十七日に開幕するサンパウロ国際映画祭の回顧部門で、〃松竹ヌーベルバーク〃の旗手・吉田喜重監督の作品七本が特集上映されることが決まり話題を呼んでいる。映画祭の国際審査員にも選ばれた監督は、夫人で女優の岡田茉莉子と同日、着聖。映画祭が終わる三十一日まで滞在するという。
 広島の原爆を描いた新作「鏡の中の女たち」(二〇〇三年)を含む上映作品のなかには、「エロス+虐殺」(七〇年)、「戒厳令」(七三年)といった当時の日本社会の暗部をとらえた数々の問題作もみられる。
 日本人監督の特集上映は四年前の鈴木清順監督以来。だが丸々二週間の滞在、審査員を兼ねるとなれば異例。自作の評論本の出版会まで予定されている。
 映画祭主催団体がその著『小津安二郎の反映画』の英訳版を刊行、監督の滞在中に国際市場を視野に入れた出版記念会をサンパウロ市で開くという。小津監督の生誕百周年になる今年、吉田監督を招待し照準を合わせた格好だ。
 福井市生まれの六十九歳。東大仏文科卒業後、松竹入り。木下恵介監督のもとで助監を務め、六〇年に「ろくでなし」でデビュー。大島渚監督、篠田正浩監督とともに六〇年代日本の映画界に新しい波を興し、〃松竹ヌーベル・バーグ〃の旗手と呼ばれた。
 三監督とも夫人が女優。吉田監督は「秋津温泉」(六二年)に主演した女優の岡田茉莉子と結婚。夫婦〃共演〃は「水の中の女たち」が実に三十一年ぶりになる。監督自身も同作が「嵐が丘」(八八年)以来の現場復帰。十二歳のときに福井で大空襲にあった経験から、「いつかは原爆を扱かった映画を」と温めてきた企画だという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年5月8日 東西南北  9日はサッカーのサンパウロ州選手権のグループリーグの最終節(第12節)の8試合が一斉に行われる。今回は波乱の大会で、すでにサントスが決勝トーナメントに進めずに脱落決定。この日の結果によっては、同選手権での2部降格もあり得る状態になっているほか、パルメイラスも結果いかんで決勝ト […]
  • 《サンパウロ州》現行の外出規制2週間延長=商店の営業時間は9時までに2021年5月8日 《サンパウロ州》現行の外出規制2週間延長=商店の営業時間は9時までに  サンパウロ州政府が8日、新型コロナ対策としての外出規制を「移行レベル」のまま2週間据え置くが、商店などの営業時間は延長すると発表したと同日付伯字サイトが報じた。  移行レベルの据え置きは、直近7日間の死者の平均値や新規の入院患者数の平均値が期待したほど下がらず、高止まりして […]
  • サンタクルス病院=29日に「日本病院」名復活=戦中の連邦介入以来79年ぶり2021年5月8日 サンタクルス病院=29日に「日本病院」名復活=戦中の連邦介入以来79年ぶり  サンパウロ市南部にあるサンタクルス病院(Hospital Santa Cruz、佐藤マリオ理事長)は7日、同院の創立記念日4月29日を機に「サンタクルス日本病院(HOSPITAL JAPONÊS […]
  • 東京埼玉宮城=持ち帰り屋台まつり開催=カレーパン、豚味噌角煮など2021年5月8日 東京埼玉宮城=持ち帰り屋台まつり開催=カレーパン、豚味噌角煮など  宮城県人会(上利エジガー会長)、埼玉県人会(吉田章則会長)、東京都友会(鈴木ワグネル会長)の3県人会は30日に「宮城埼玉東京屋台祭り」を開催する。  会場は、サンパウロ市リベルダーデ区にある宮城県人会館(Rua […]
  • 《ブラジル》マンジック氏が死去=ネット黎明期の成功者2021年5月8日 《ブラジル》マンジック氏が死去=ネット黎明期の成功者  ブラジルにおけるインターネット黎明期の成功者として知られるアレッシャンドレ・マンジック氏が6日、サンパウロ市で死去した。66歳だった。6、7日付現地紙、サイトが報じている。  マンジック氏は1954年にサンパウロ市で生まれ、1972年にサンパウロ州技術学校を卒業後、シーメン […]