ホーム | 日系社会ニュース | 桜ホーム、投石で被害=犯意不明 近隣住民のいたずらか=費用なく防犯対策できず

桜ホーム、投石で被害=犯意不明 近隣住民のいたずらか=費用なく防犯対策できず

10月15日(水)

  「ブロック塀で施設を囲ってしまわない限り、防犯対策はとれません」──。援協傘下の保養センター、カンポス桜ホーム(岸真司郎ホーム長)=カンポス・ド・ジョルドン市=で石が投げつけられ、窓ガラスが割られるといった被害が相次いで起こっている。近隣住民による悪質ないたずらだとみられているが、犯意は分かっていない。同施設はこれまでも、樹木の盗難やごみの不法投棄に悩まされてきた。犯行が最近、エスカレートしているようだ。経済的な理由で十分な防犯対策を講じることが出来ず、泣き寝入りの状態になっている。
 犯行は決まって深夜。大きな物音に驚いた夜間の看護婦が現場付近に駆けつけると、四―五人が走り去っている。
 犯人グループは正面玄関に面した私道から最短距離の地階トイレを目がけて拳大の石を投げこんでいるらしい。窓ガラスが粉々に砕けて散っている。入所者の居室は標的にされていないようだ。
 私道は施設敷地内を横切っている。所有権は桜ホームに帰属していると市役所が主張。街灯は設置されていない。夜間は付近一帯が暗くなり、「強盗事件も発生している」(岸ホーム長)。
 と言っても、私道を封鎖するわけにもいかない。バスの運行経路になっており、住民の日常生活に支障を来すことになるからだ。
 桜ホームは、老人ホームとしても十分、活用できるようリフォーム中で、経済的なゆとりはない。窓ガラスの修理など治安対策に数千レアルを出費しなければならなくなった。
 今年は、桜祭りの収益と協力券リッファ(援協特別企画委員会主催)の販売で何とか収支ゼロにこぎつけられるのだという。
 「つまらない出費ばかりが増えて、頭が痛いです」。岸ホーム長の声にはりがない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》経済基本金利6.5%据え置き=低インフレ続き、低金利を継続2019年2月8日 《ブラジル》経済基本金利6.5%据え置き=低インフレ続き、低金利を継続  今年初めてのブラジル中銀、通貨政策委員会(Copom)が5、6日に開かれ、経済基本金利(Selic)は満場一致で現在の年利6・5%のままで据え置きとなったと、7日付現地各紙が報じた。  ボルソナロ政権発足後、初の開催でもあったCopomは、昨年3月より、7会合連続で […]
  • 援協が新体制で1月定例会=創立60周年キャンペーン承認2019年1月30日 援協が新体制で1月定例会=創立60周年キャンペーン承認  サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)は「1月定例役員会」を24日、援協本部ビルで開催した。19、20年の新執行部が発足してから初の役員会となった。  議事及び報告では、日伯福祉援護協会の定款改訂、ならびに、援協創立60周年記念キャンペーンの実施が承認された。   […]
  • サンパウロ市=バスが自転車集団はねる=内3人が死亡する惨事に2019年1月29日 サンパウロ市=バスが自転車集団はねる=内3人が死亡する惨事に  26日、サンパウロ市西部ピリトゥーバのバンデイランテス高速道で、バスが28人のサイクリング集団をはね、28日までに3人が死亡する事故が起きた。27日付現地紙が報じている。  事故は26日午前10時30分頃、バンデイランテス高速道がマルジナル・チエテやマルジナル・ピニェイロス […]
  • 鱒料理が味わえる「高原」=避暑地カンポス・ド・ジョルダン2019年1月10日 鱒料理が味わえる「高原」=避暑地カンポス・ド・ジョルダン  「昨晩サンパウロは30度の熱帯夜だったそうですが、カンポスは12度でしたよ」――標高1600メートルもあり、「ブラジルのスイス」と名高い避暑地サンパウロ州カンポス・ド・ジョルダン市。そこにある日本食レストラン「高原」(Trav. Isola Orsi, […]
  • ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民2019年1月8日 ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民  「静岡の茶畑そっくりだ」―サンパウロ市から南西に190キロほど下った海岸部レジストロの茶畑に取材に行き、故郷の光景を思い出した。  といっても、緑茶ではなく紅茶だ。聞けば、原料となる茶葉は緑茶も紅茶も一緒だが、加工工程が違うのだという。お茶畑まではそっくりなワケだ。 […]