ホーム | 日系社会ニュース | 小桜舞子=アマゾナス劇場で単独公演!=聴衆の心を鷲掴み

小桜舞子=アマゾナス劇場で単独公演!=聴衆の心を鷲掴み

公演の様子(撮影・望月二郎)

公演の様子(撮影・望月二郎)

 演歌歌手の小桜舞子さんは先月25日、アマゾナス州都マナウスにあるアマゾナス劇場で公演「小桜舞子in Brazil」を催した。会場には700人が集まり、熱狂の渦に包まれた。浜プロダクションズ&イベンツ(浜田タツオ社長)主催。アマゾン・サット提供、ホンダ、ポルタウ・アマゾニア後援。
 フェイスブックで浜田社長と知り合ったのをきっかけに、小桜さんは16、17年に文協大講堂での公演を成功させた。今回はその公演に来場していたマナウス在住日系人からの強い要望を受けて、アマゾナス劇場での公演が決まった。
 マナウスではテレビ放送を通じて宣伝が行われ、当日も現地のテレビ局が取材するなどの注目ぶり。観客のうち約4割が伯人で、会場には約700人が駆けつけ、ほぼ満員となった。

劇場はほぼ満員となった(撮影・望月二郎)

劇場はほぼ満員となった(撮影・望月二郎)

 浜田タツオ社長は「劇場のオペラの舞台に立った小桜さんは大変感激して、その頬に涙が伝っていた」と話す。同劇場はかつてのゴム景気の栄華を誇る豪華絢爛な時代の名残だ。公演では、懐かしの歌謡曲や自身の曲などを歌い上げ、観衆の心を掴み、今月12日に発売された新曲「他人傘」も先駆けて披露された。
 公演を終えて、浜田社長は「マナウスでも観客の皆さんに大変喜んでもらえた。小桜さんは純粋でとても優しい心を持っている方」とその人柄に触れて、「だから、公演に来た人は皆彼女を好きになる」と話す。当地でも着々とファンを増やしているようだ。
 来年の公演予定は未定だが、マリンガーやアラサツーバでも公演開催を検討する話も持ち上がっている。浜田社長は「今後もずっと応援していきたい」と見通した。
 なお、小桜さんは1週間近く滞在し、ホンダ社二輪工場を訪問したほか、関口ひとみ在マナウス総領事と会食。アマゾン川の合流地点や先住民族居住区を訪問するなど大自然を満喫した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 石川県人会=文化祭に2日間で460人来場=伯国県人会で唯一の文化祭2019年6月14日 石川県人会=文化祭に2日間で460人来場=伯国県人会で唯一の文化祭  石川県人会(森永正行ジェラルド会長)の「第20回文化祭」が8、9両日に、聖市の同会館で開催された。二日間で460人が来場する盛況ぶりで、来場者の4割は非日系人。水彩画、絵手紙、陶芸、生け花など、同会館で行われている講習の1年間の成果が発表された。また、陶芸以外の講習は […]
  • ■訃報■ハワイ報知社元社長 ポール・円福昭道氏2019年6月4日 ■訃報■ハワイ報知社元社長 ポール・円福昭道氏  【ハワイ報知5月22日付】ハワイ報知新聞社の元社長、ポール・円福昭道(ポール・えんぷく・しょうどう)氏が5月20日午後2時32分、病気のため米国ホノルル市モイウェイ1339番地の自宅で死去した。オアフ島カフク生まれ。92歳。葬儀・告別式の日取りは未定。  1931年 […]
  • 広島風お好み焼きに大行列=2時間待ち、迅速化に課題2019年6月13日 広島風お好み焼きに大行列=2時間待ち、迅速化に課題  ブラジル広島文化センター(吉広ロベルト貞夫会長)は「第4回広島風お好み焼き祭り」を9日に、聖市リベルダーデ区の同会館で開催し、午後2時には売り切れの大人気を博した。同時に、2時間待ちの行列ができるなど調理の迅速化に課題を残した。  午後3時まで販売する予定だったが、 […]
  • ■ひとマチ点描■海を越えた家族の絆2019年5月14日 ■ひとマチ点描■海を越えた家族の絆  「NHK全国俳句大会」では、パラー州都ベレン市在住の下小薗秋風さんは海をまたいで俳句の競作を家族で楽しんでいる。今年の第20回大会では4人とも仲良く佳作に入選したという。  メンバーは下小薗さんと妻そのさん、茨城県に住む姉と鹿児島県に住む妹の四人だとか。 […]
  • 日本移民と皇室の深い絆語る=二宮正人さんJHで講演会=大統領通訳、コロニアを代弁=「毎年お茶にお誘い頂く」2019年5月22日 日本移民と皇室の深い絆語る=二宮正人さんJHで講演会=大統領通訳、コロニアを代弁=「毎年お茶にお誘い頂く」  「上皇上皇后両陛下のおぼしめしで、3人の内親王殿下はみな、ブラジルを最初の公式訪問国にしておられます。そのお一人が今回、天皇陛下にご即位されました」――歴代の大統領通訳として皇室と深い面識を持つ二宮正人サンパウロ総合大学(USP)法学部教授は5月9日晩、聖市のジャパン […]