ホーム | 日系社会ニュース | 小桜舞子=アマゾナス劇場で単独公演!=聴衆の心を鷲掴み

小桜舞子=アマゾナス劇場で単独公演!=聴衆の心を鷲掴み

公演の様子(撮影・望月二郎)

公演の様子(撮影・望月二郎)

 演歌歌手の小桜舞子さんは先月25日、アマゾナス州都マナウスにあるアマゾナス劇場で公演「小桜舞子in Brazil」を催した。会場には700人が集まり、熱狂の渦に包まれた。浜プロダクションズ&イベンツ(浜田タツオ社長)主催。アマゾン・サット提供、ホンダ、ポルタウ・アマゾニア後援。
 フェイスブックで浜田社長と知り合ったのをきっかけに、小桜さんは16、17年に文協大講堂での公演を成功させた。今回はその公演に来場していたマナウス在住日系人からの強い要望を受けて、アマゾナス劇場での公演が決まった。
 マナウスではテレビ放送を通じて宣伝が行われ、当日も現地のテレビ局が取材するなどの注目ぶり。観客のうち約4割が伯人で、会場には約700人が駆けつけ、ほぼ満員となった。

劇場はほぼ満員となった(撮影・望月二郎)

劇場はほぼ満員となった(撮影・望月二郎)

 浜田タツオ社長は「劇場のオペラの舞台に立った小桜さんは大変感激して、その頬に涙が伝っていた」と話す。同劇場はかつてのゴム景気の栄華を誇る豪華絢爛な時代の名残だ。公演では、懐かしの歌謡曲や自身の曲などを歌い上げ、観衆の心を掴み、今月12日に発売された新曲「他人傘」も先駆けて披露された。
 公演を終えて、浜田社長は「マナウスでも観客の皆さんに大変喜んでもらえた。小桜さんは純粋でとても優しい心を持っている方」とその人柄に触れて、「だから、公演に来た人は皆彼女を好きになる」と話す。当地でも着々とファンを増やしているようだ。
 来年の公演予定は未定だが、マリンガーやアラサツーバでも公演開催を検討する話も持ち上がっている。浜田社長は「今後もずっと応援していきたい」と見通した。
 なお、小桜さんは1週間近く滞在し、ホンダ社二輪工場を訪問したほか、関口ひとみ在マナウス総領事と会食。アマゾン川の合流地点や先住民族居住区を訪問するなど大自然を満喫した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■訃報■秋本満敏さん2019年1月5日 ■訃報■秋本満敏さん  中西部日伯協会連合会元会長で連邦区在住の秋本満敏さんが、心臓発作により入院先で4日に急逝した。享年70。  秋本さんは1949年1月1日生まれ。愛媛県出身で、60年に移住。77年までパラナ州ウライーで過ごした。  ツバロン製鉄所などでの勤務を経て、80年からブラジ […]
  • ボウソナロ次期大統領=思春期に日系人の恋人?=3度懇談、山田大使に〃告白〃=新政権、日本との距離縮まるか2018年12月21日 ボウソナロ次期大統領=思春期に日系人の恋人?=3度懇談、山田大使に〃告白〃=新政権、日本との距離縮まるか  「ボウソナロ次期大統領には日系人のナモラーダ(彼女)がいたそうですよ」――13日晩、ブラジル日本商工会議所の忘年会に出席した山田彰駐ブラジル日本国全権大使に、次期大統領と懇談した様子を取材した際、コロニアには興味深いそのような事実が浮かび上がって来た。山田大使はすでに […]
  • 移民史料館=7階が1月に仮再オープン=皇室寄贈品、着物も展示へ=急ピッチで工事、協賛呼びかけ2019年1月4日 移民史料館=7階が1月に仮再オープン=皇室寄贈品、着物も展示へ=急ピッチで工事、協賛呼びかけ  「2月には7階部分が新装オープンします。旧年7月に再開館した8階部分と合わせて、ぜひ見に来て」――ブラジル日本移民史料館の運営副委員長の岩山明郎(としろう)さんは、そう薦める。眞子さまご来伯に合わせて新装開館した8階部分は、従来の展示品に加えて、大型モニターが多数設置 […]
  • SC=クリシウマで日本文化祭=日系いない街でも盛んに発信2018年12月11日 SC=クリシウマで日本文化祭=日系いない街でも盛んに発信  日系コロニアのないサンタカタリーナ州クリシウマ市のSENAC大学で先月24日、「第2回クリシウマ日本文化祭」が開催された。  合気道道場の非日系人らが実行委員会の中心となって開催。日本食材やアニメグッズ、折り紙を使った装飾品などが販売されたほか、在クリチバ総領事館も […]
  • ■ひとマチ点描■アニメから日本の歴史へ2018年12月12日 ■ひとマチ点描■アニメから日本の歴史へ  日本の歴史講座に全回出席した理由を、ベアトリス・フランコさん(23)に尋ねると、一般論としては「2014年頃、大学入試共通試験に日本の歴史が出題されたの。誰も知らなかったから、衝撃的だった。あれ以降、関心を持つ人が増えた」と応えた。個人的な動機としては「アニメが大好き […]