ホーム | 日系社会ニュース | 小桜舞子=アマゾナス劇場で単独公演!=聴衆の心を鷲掴み

小桜舞子=アマゾナス劇場で単独公演!=聴衆の心を鷲掴み

公演の様子(撮影・望月二郎)

公演の様子(撮影・望月二郎)

 演歌歌手の小桜舞子さんは先月25日、アマゾナス州都マナウスにあるアマゾナス劇場で公演「小桜舞子in Brazil」を催した。会場には700人が集まり、熱狂の渦に包まれた。浜プロダクションズ&イベンツ(浜田タツオ社長)主催。アマゾン・サット提供、ホンダ、ポルタウ・アマゾニア後援。
 フェイスブックで浜田社長と知り合ったのをきっかけに、小桜さんは16、17年に文協大講堂での公演を成功させた。今回はその公演に来場していたマナウス在住日系人からの強い要望を受けて、アマゾナス劇場での公演が決まった。
 マナウスではテレビ放送を通じて宣伝が行われ、当日も現地のテレビ局が取材するなどの注目ぶり。観客のうち約4割が伯人で、会場には約700人が駆けつけ、ほぼ満員となった。

劇場はほぼ満員となった(撮影・望月二郎)

劇場はほぼ満員となった(撮影・望月二郎)

 浜田タツオ社長は「劇場のオペラの舞台に立った小桜さんは大変感激して、その頬に涙が伝っていた」と話す。同劇場はかつてのゴム景気の栄華を誇る豪華絢爛な時代の名残だ。公演では、懐かしの歌謡曲や自身の曲などを歌い上げ、観衆の心を掴み、今月12日に発売された新曲「他人傘」も先駆けて披露された。
 公演を終えて、浜田社長は「マナウスでも観客の皆さんに大変喜んでもらえた。小桜さんは純粋でとても優しい心を持っている方」とその人柄に触れて、「だから、公演に来た人は皆彼女を好きになる」と話す。当地でも着々とファンを増やしているようだ。
 来年の公演予定は未定だが、マリンガーやアラサツーバでも公演開催を検討する話も持ち上がっている。浜田社長は「今後もずっと応援していきたい」と見通した。
 なお、小桜さんは1週間近く滞在し、ホンダ社二輪工場を訪問したほか、関口ひとみ在マナウス総領事と会食。アマゾン川の合流地点や先住民族居住区を訪問するなど大自然を満喫した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 沖縄県人会ビラ・カロン支部=3月1日から新役員が就任2019年2月27日 沖縄県人会ビラ・カロン支部=3月1日から新役員が就任  ブラジル沖縄県人会ビラ・カロン支部の「定期総会」が先月27日、聖市ビラ・カロン区の同会館で開催され、新会長には小波津アントニオ・セルジオ氏が決まった。  副会長には米須保氏、岸本アントニオ氏、花城清氏、仲本ロベルト氏、仲宗根ジョアン氏が就任する。なお、正式に現役員と […]
  • 奉祝、天皇陛下ご在位30周年=コロニアから感謝の声!2019年2月23日 奉祝、天皇陛下ご在位30周年=コロニアから感謝の声!  24日、天皇陛下ご在位30年記念式典が、東京都の国立劇場で催される。陛下は4月30日にご退位され、平成の御代もいよいよ幕引きとなる。天皇皇后両陛下は皇太子時代の1967年、78年、ご即位後の97年の計3回に及んでブラジルを訪問された。移住者と子弟にずっと心を寄せられ、 […]
  • 苦労が滲んだご在位30年=慰霊の旅を続けた今上陛下2019年2月23日 苦労が滲んだご在位30年=慰霊の旅を続けた今上陛下  「もう、ダメか」――病床にて最期の瞬間まで沖縄に思いを寄せ、ご訪問叶わずに崩御された昭和天皇。その遺志を継がれ、地上戦で20万人以上が犠牲となった沖縄に計11回訪れ、慰霊の旅を続けてこられた今上陛下に特別な思いを寄せる人がいる。  沖縄県人会元会長で、糸満市米須出身 […]
  • JRパス=「狙い撃ちするな!」と怒りの声=在外邦人だけ来年末で終了=大阪万博も控えているのに2019年2月19日 JRパス=「狙い撃ちするな!」と怒りの声=在外邦人だけ来年末で終了=大阪万博も控えているのに  「ジャパン・レール・パス(以下、JRパス)」の海外在住日本国籍者への販売・利用期間は当初、2017年3月末に終了されるはずだったが、世界の在外邦人や当地コロニアからの切実な願いが届き、来年12月まで延長になっていた。しかし来年末に再び利用期限が切れる問題を受け、コロニ […]
  • 奉祝、天皇陛下ご在位30周年=並々ならぬ在外同胞への思いやり=特別拝謁でご下問絶えず2019年2月23日 奉祝、天皇陛下ご在位30周年=並々ならぬ在外同胞への思いやり=特別拝謁でご下問絶えず  読売新聞主催「第40回医療功労賞」授賞式のため2012年3月に訪日した日本移民110周年記念委員会実行委員長の菊地義治さんは、新聞報道でその滞日をお知りになった陛下から昼食会への招待を受け、菊地夫妻のみで両陛下に一時間超に及んで特別拝謁するという類まれなる栄に浴した。 […]