ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

10月16日(木)

 ジュンジアイー市で誘拐されていた女子高生(一七)が十四日午後一時、警察によって救出された。十三日、被害者の父が経営するパン屋に少年(一五)が侵入、ピストルで従業員を脅して女子高生を拉致(らち)した。少年は百メートル先に住む恋人(一四)の家へ女子高生を引きずっていき、トイレに閉じ込めた。少年は電話で一万レアルを要求し、逮捕されることになった。恋人の母ソウザ容疑者(三一)も逮捕された。
     ◎
 サンベルナルド市で十三日、学生服を着て校内に侵入、学生の信用を得て強盗を続けていた無職の男(一八)が逮捕された。男は学生と友達になったあと、校門で待ち受けピストルを持っていると脅して学生の家に案内させ、電気製品などを袋に詰めて強盗を続けていた。少なくとも十件以上、この犯罪を繰り返していた。学生服は盗んだものだった。
     ◎
 十三日夜、ボールで遊んでいたダニエルちゃん(七つ)が隣に落ちたボールを拾おうとして塀を越えたところ塀が崩れてダニエルちゃんの上に落ちてきた。ダニエルちゃんは病院に運ばれ、しばらくして息を引き取った。塀は建築許可を得ておらず、建築法違反の疑いでビルの経営者(四四)を調べている。
     ◎
 一日午前十時五十分、サンパウロ市セーロ・アズール通りのビルに侵入しコンピュータを盗もうとした無職の男(二三)が現行犯で逮捕された。防犯ベルが鳴り、現場に急行した軍警が逮捕すると、犯人は失禁した。犯人は七月に刑務所から出てきたばかりで、極度に緊張していたようだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ