ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

10月24日(金)

 二十一日午後八時ごろ、サンパウロ州アルジャー市と同サンタ・イザベル市を結ぶヴェレアドール・アウビーノ・ロドリゲス・ネーヴェス街道でトラック二台と乗用車が衝突、四人が死亡、四人が重軽傷を負った。事故原因は分かっていない。警察は死亡した四人全員が乗用車に乗っていたかどうか明らかでないとしている。
     ◎
 シンカリオル飲料会社のジョゼ・N・シンカリオル社長の殺害事件を捜査していたサンパウロ州ソローカバ市軍警は二十二日、犠牲者の友人グレイソン・L・オリベイラを共犯者として逮捕した。同容疑者は八年前から、犠牲者と交友関係があり、売上金の収納場所や生活習慣を熟知していたことで、犯人に情報を提供したとされる。
     ◎
 大サンパウロ市圏に配水しているサンパウロ市アウト・コチーア貯水池が節水態勢に入ったが、同カンタレイラ貯水池でも十一月から節水する恐れが。二十二日の水位は過去三十年間の最悪値を記録(総水量の七・一%)。一日に平均〇・三%の割合で減っている。サンパウロ州水道局は、「雨が降らなくとも十一月末まで配水できる」と、同貯水池節水説を否定している。
     ◎
 シジネイ・モラエスさん(六七、定年退職者)が、SBTテレビ局のクイズ番組『ショー・ド・ミリョン』で百万レアル獲得した。同番組始まって以来のこと。ルーラ大統領の誕生日一九四五年十月六日を当てた。一般には出生登録日の十月二十七日が知られている。モラエスさんは以前ブラジル銀行に勤め、マット・グロッソ・ド・スル州に住んでいる。同番組は二十二日夜、SBT局で放映された。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年9月1日 東西南北  統一選挙恒例の政見放送がはじまり、ようやく「選挙到来」の気分が高まりはじめた。8月31日午後は、高等選挙裁判所でルーラ氏が一体どのような処遇をされるのかに注目が集まった。本稿を書いている午後3時時点では結果は出ていないが、いずれにせよ、今日はその結果を巡り、国民が大きな反応を […]
  • 東西南北2018年8月7日 東西南北  5日で大統領選挙の候補を選出、公認するための党大会が終わり、この時点で13人の出馬が決まった。今年前半に噂されていた人数よりだいぶ淘汰されたが、それでも1994年の大統領選以降で最も候補者が多い。本面で報じたマヌエラ・ダヴィラ氏は大統領選出馬を取り下げたため、大統領選の女性候 […]
  • 東西南北2018年7月31日 東西南北  ブラジルでは現在、大統領選に向けた党大会の真っ最中だ。次の日曜の5日までが開催期間だが、ほとんどの大統領候補はいまだに副候補が決まっていないのが現状だ。大型連立に成功したジェラウド・アウキミン氏は、たくさんの支援政党の中から誰を選ぶのかが注目されるし、少数政党の人気候補ジャイ […]
  • アウキミンは「ブラジル政界の徳川家康」か?2017年12月8日 アウキミンは「ブラジル政界の徳川家康」か?  来年10月の大統領選挙は、汚職裁判で出馬失格の危険性のある中、国民の圧倒的な支持率を元に突っ走る元大統領のルーラ氏(労働者党・PT)と、「反ルーラ、反PT」の支持を集める極右候補のジャイール・ボルソナロ氏の一騎打ちのような様相を現時点では見せている。だが、まだ選挙本番 […]
  • 《ブラジル》マリーザ夫人4日に葬儀=ルーラ元大統領はラヴァ・ジャット作戦に怒り心頭2017年2月7日 《ブラジル》マリーザ夫人4日に葬儀=ルーラ元大統領はラヴァ・ジャット作戦に怒り心頭  3日夕、脳血管障害に伴う脳死判定を正式に受けたルーラ元大統領夫人のマリーザ・レチシア氏の葬儀が4日、同氏の地元であり、二人が出会った場所でもある大サンパウロ市圏サンベルナルド・ド・カンポ市の金属労組で行われ、ルーラ氏がラヴァ・ジャット作戦(LJ)に向けた怒りをぶちまけた。5日 […]