ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 本頁でも報じているように、サンパウロ市のカーニバルは金曜夜から1部スペシャルグループのパレードだ。この時期は毎年、マスコミがサンボードロモの直前の様子をレポートし、本番前日あたりから、会場の最終的なペンキ塗りや清掃が大急ぎで行われている姿が見られている。気になる天気だが、本番前の数日は小雨程度だったのに、予報では今日から降水確率と降水量が上がり、金曜9日が8ミリ、土曜10日が15ミリという予想になっている。「パレード中に強い雨に降られたせいで実力が発揮できなかった」と、時に「悲劇のエスコーラ」も作ってしまう豪雨。それがなるべく起こらないことを願いたいところだ。
     ◎
 今年のサンパウロ州では、カーニバルの最中も黄熱病の不安を消し去ることはできない。そんな矢先、サンパウロ市内の二つの保健所で、黄熱病ワクチンが入ったフラスコが計56個盗まれたとの報道が行われている。これは、通常の接種なら560人分、薄めて使う場合には2800人分のワクチンだ。ただでさえ、私立病院ではワクチンが足りず、公共の医療機関でも数に限りがあるために予防接種が一斉解禁にならない状況だというのに。市民の不安をかき立てる意味で、通常の窃盗よりも問題だ。
     ◎
 7日のサッカーのサンパウロ州選手権、サンパウロはブラガンチーノに1―0で勝利。開幕当初はなかなか調子が上がらなかったサンパウロだが、ジエゴ・ソウザ、ネネらの移籍戦力がようやく噛み合い始め、カップ戦も含む直近の3戦は全勝だ。州選手権グルプリーグの勝ち点も10に伸ばした。また、若手有望選手のヴァルディヴィアをレンタル移籍で獲得したことも発表。今後が楽しみになってきた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年2月20日 東西南北  16日に突如発表された、リオの治安に関する連邦政府の直接統治が、当の州民にはどう映っているだろうか。「最悪なところまで悪化していたのだから仕方がない」という声もある反面、一部とは言え、地方行政機能が止められ、軍が統治に関与していることに拒否反応を示している人も少なくなさそう。 […]
  • 東西南北2017年3月9日 東西南北  カーニバル期間中の2月26日に発生し、テレビ報道で有名になった、サンパウロ市北部ヴィラ・ノヴァ・カショエイラでのジョアン・ヴィットル・カルヴァーリョ君(13)変死事件で、薬物使用に伴う心停止との鑑定結果が出た。ジョアン君は死去当日、アラブ料理店チェーン「ハビビス」の警備員2人 […]
  • 東西南北2017年3月21日 東西南北  17日に行われた連邦警察の「カルネ・フラッカ作戦」は、その開始のインパクトに関して言えば、静かな始まり方だったラヴァ・ジャット作戦の何十倍も国民に大きなショックを与えた。それもそのはず。ブラジルの食文化と言えば、やはり肉食。大きな串に刺したピッカーニャの薄切りを食べる姿は、サ […]
  • 東西南北2013年2月14日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年2月14日 […]
  • 東西南北2017年3月2日 東西南北  前代未聞の、2夜連続での事故が発生。楽しむどころではなくなってしまったリオ・デ・ジャネイロ市サプカイでのスペシャル・グループのパレード。さすがに世界的に有名なイベントだけに、この事故はすぐに世界に向けて打電され、米国のニューヨーク・タイムスやイギリスのデイリー・メール、アルゼ […]