ホーム | 日系社会ニュース | 輸出商品としての柿を=モジで柿生産者研修会

輸出商品としての柿を=モジで柿生産者研修会

10月29日(水)

 ねらいは輸出に向けた良品質の柿づくり――。サンパウロ州柿生産者協会(APPC、森岡カルロス明会長)の現地研修会が二十四日、モジ・ダス・クルーゼス市のカペーラ植民地会館を主会場に開かれた。研修会には柿生産者約六十人が参加。JICAシニアボランティア、浦田昌寛さんの指導のもと、柿農場で摘蕾、摘花、摘果など実践的な研修を受けたほか、小松雹玄JICAサンパウロ支所長の講話など、熱心に聞き入っていた。
 主催したSP州柿生産者協会は二〇〇〇年、州内の柿生産の技術向上と販売の一元化を図るため、八十五人を集め設立された。このなかから十八人の有志が販売者協会(城島将男会長)を設立、富有柿輸出などに取り組んでいる。研修会は年四回行なわれているが、今年七月、協会が強く希望していたシニアボランティア派遣が実現、国際商品としての柿生産、販売の確立が期待されている。
 二十四日の現地研修会は午前、モジ市中心地から車で約十五分のカペーラ地区にある1号園地(鈴木守園主)、2号園地(倉知ヤスヒロ園主)、3号園地(小川昇園主)であった。
 浦田さんは、「今年はどこの地区でも花がたくさんついており、収穫量は多いだろう。しかし、もったいないと思って実を落とさないと、来年の花芽が少なくなり、実も小さくなる」と摘蕾、摘花、摘果の重要性を説明。「目的を達したら、常に来年の準備をすること」と述べた。
 参加者の一人は、「これまで摘蕾をしたことがなかった。剪定のやり方もまるっきり変わった。指導を受けて手入れして、その成果をみんなが一緒に待っている状態」と感想を語った。
 午後からは現地研修報告があり、アピアイ支部の樽井ジョージさん、ピエダーデ支部の川上レナートさん、ピラール支部の豊田パウロさんがそれぞれ発表。樽井さんは「これまでの柿生産の指導法を変える必要がある。経験を積んだ人と農業を始めたばかりの人とで意見を交換しあい、良品質の柿生産に努めたい」と語った。
 続いて小松支所長が「APPCの今後の活躍に期待する」と題して講話。「生産物の差別化が大切。そのために品質設定と努力が必要。また、後継者や農協幹部育成などに力を入れて欲しい」などと声援を送った。
 現在、同協会は欧州、カナダ向けに富有柿を輸出しているが、今年の生産高は三キロ入りで二十万箱、うち輸出高は四万箱。来年収穫分は生産高三十万箱、輸出高十万箱を目標に掲げている。
 また、浦田さんは生産量拡大を目指し、現在の一ヘクタールあたり十トンから日本水準の二十五トンへの増大を期待、品質向上の面では、一個あたり三百五十~四百グラムの富有柿を目標としている。なお、柿の収穫は三月初旬に始まる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年5月8日 東西南北  9日はサッカーのサンパウロ州選手権のグループリーグの最終節(第12節)の8試合が一斉に行われる。今回は波乱の大会で、すでにサントスが決勝トーナメントに進めずに脱落決定。この日の結果によっては、同選手権での2部降格もあり得る状態になっているほか、パルメイラスも結果いかんで決勝ト […]
  • 《サンパウロ州》現行の外出規制2週間延長=商店の営業時間は9時までに2021年5月8日 《サンパウロ州》現行の外出規制2週間延長=商店の営業時間は9時までに  サンパウロ州政府が8日、新型コロナ対策としての外出規制を「移行レベル」のまま2週間据え置くが、商店などの営業時間は延長すると発表したと同日付伯字サイトが報じた。  移行レベルの据え置きは、直近7日間の死者の平均値や新規の入院患者数の平均値が期待したほど下がらず、高止まりして […]
  • サンタクルス病院=29日に「日本病院」名復活=戦中の連邦介入以来79年ぶり2021年5月8日 サンタクルス病院=29日に「日本病院」名復活=戦中の連邦介入以来79年ぶり  サンパウロ市南部にあるサンタクルス病院(Hospital Santa Cruz、佐藤マリオ理事長)は7日、同院の創立記念日4月29日を機に「サンタクルス日本病院(HOSPITAL JAPONÊS […]
  • 東京埼玉宮城=持ち帰り屋台まつり開催=カレーパン、豚味噌角煮など2021年5月8日 東京埼玉宮城=持ち帰り屋台まつり開催=カレーパン、豚味噌角煮など  宮城県人会(上利エジガー会長)、埼玉県人会(吉田章則会長)、東京都友会(鈴木ワグネル会長)の3県人会は30日に「宮城埼玉東京屋台祭り」を開催する。  会場は、サンパウロ市リベルダーデ区にある宮城県人会館(Rua […]
  • 《ブラジル》マンジック氏が死去=ネット黎明期の成功者2021年5月8日 《ブラジル》マンジック氏が死去=ネット黎明期の成功者  ブラジルにおけるインターネット黎明期の成功者として知られるアレッシャンドレ・マンジック氏が6日、サンパウロ市で死去した。66歳だった。6、7日付現地紙、サイトが報じている。  マンジック氏は1954年にサンパウロ市で生まれ、1972年にサンパウロ州技術学校を卒業後、シーメン […]