ホーム | 日系社会ニュース | 各党の政権公約は?=公民「行革徹底する」=社民「安心、信頼を創造」=選挙企画《下》

各党の政権公約は?=公民「行革徹底する」=社民「安心、信頼を創造」=選挙企画《下》

11月1日(土)

 マニフェストーー。今回の選挙でキーワードのように使われるこの言葉は、「政権公約」を意味する。各党が有権者に訴える主張などを紹介する。
 「小泉改革宣言」を掲げる自民党は七つの宣言を提示。①日本の明るい未来をつくる②国民の安全を守る③行政の無駄を省き、簡素で効率的な政府を目指す④思い切って経済を活性化させる⑤国の基本を見直す⑥国益に沿った外交を展開する⑦自民党が日本を変えるーーなどと主張。
 自公保連立政権から、政権奪取を目指す民主党は「脱官僚宣言」をアピールし、真っ向から自民党にマニフェスト対決を挑む。大きな柱としては、①失業のない、強い経済②税の無駄遣いをやめ、公正で透明性のある政治③自立力ある、活力に輝く地域の創造④子供や高齢者、女性らが安心して働き、暮らせる社会⑤国民の命と健康を守る強い社会――の実現を訴える。
 公明党は「安心・はつらつ社会」構築を旗頭に、①無駄を一掃。徹底した行革と特権を排除②「安心・はつらつ社会」の構築③「平和・人道の日本」をめざしてーーの三項目を重点に置く。
 「国民が主人公」の日本改革を訴える共産党は、①大企業応援でなく、国民の暮らし応援の政治を目指すことなどを盛り込んだ「日本改革の提案」②消費税大増税・憲法改悪に反対する③社会保障の充実や公共事業の大改革など当面の重点政策――の三部からなる公約を明示する。
 「三つの争点 八つの改革」をうたう社民党は、①安心できる暮らしの創造②信頼される政治の創造③平和の創造――を争点に挙げる。また、党の約束としては環境▽教育▽農林水産▽税財政・金融▽分権・自治▽交通▽公共事業▽人権――の八項目を提示する。
 「実現を目指す政策」として十の重点政策を掲げる保守新党。①景気回復と雇用拡大②中小企業・商業の活性化で日本経済の活力回復③世界一安心・安全な日本の復活④若者に希望、お年寄りに安心を⑤教育基本法の改正⑥地方の元気を取り戻す⑦食の安全を確保し、豊かで住み良い農村漁村⑧環境を守り、美しい国土と自然を次世代に⑨世界平和に積極的に貢献し、防衛省の実現を⑩新たな憲法の制定――を盛り込んだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ