ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

 師走。年の暮れともなれば僧侶も忙しくなり走るようにして檀家をまわる。この「師馳せる月」がなまって「しはす」となったの説があるけれども、極月ともなれば、なんとなく気が忙しい。慌ただしくなるにつれて過ぎ去った月日の事柄もつい忘れがちになる。今年もまたイラク戦争や北朝鮮の核兵器といろんな事がありすぎたのに―▼スポーツでは星野監督が率いた阪神の優勝が輝く。十八年振りとかで大阪の道頓掘にはファンが飛び込む大騒ぎ。負けが込んだ巨人の原監督が詰め腹を切らされるの話題も。国技の相撲では横綱・貴乃花の引退。巨大な力士で綱を張った武蔵丸も土俵を去り、独り横綱の朝青龍の粗暴さと無礼千万が目立ち愛好者を憤激させたのは残念無念。曙親方は東関部屋に別れを告げて武技の世界へと走った―▼大リーグで活躍するイチローの年俸が十億円を超えたのはやっぱり凄い。世界選手権六連覇の柔らやん・田村亮子さんが野球の谷選手とパリで結婚したのも明るくていい。水泳と陸上もよく頑張ったのだが、バレーは昔日の面影もなし。その昔の教え子ブラジルに手も無くやられる始末では情けない。もっともっと元気を出せ▼小泉首相の「政治」で日本は大転換している。派閥政治の打破。イラクへの自衛隊派遣など五五年体制では考えられなかったような政治が表通りを歩き始めた。安全保障への取り組みも鮮明になり「安易な平和論」から脱し、憲法改正の難題にも挑む方針を示したのは評価されていい。そして、今年もまた暮れてゆく。 (遯)_

03/12/25

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • デカセギ定住化30周年=多文化共生時代を生きる日系経営者=(1)2020年4月1日 デカセギ定住化30周年=多文化共生時代を生きる日系経営者=(1) 仕事と同胞ボランティアに全力=経営者目指し19歳で訪日=37歳で夢の電設会社を創業=友電設(ゆうでんせつ 本社・神奈川県横浜市)川崎俊広社長 13年後のいま、社員100人超で全国規模の事業を展開=社員の80%は日系ブラジル人、電気工事士の資格取得で家庭と生活が安定 […]
  • ピエダーデ=マ・ゴルフ部10周年祝う=記念大会で創立5氏を顕彰2011年4月21日 ピエダーデ=マ・ゴルフ部10周年祝う=記念大会で創立5氏を顕彰 ニッケイ新聞 2011年4月21日付け  ピエダーデ文協マレット・ゴルフ部(有沢光康部長)は3月13日午前10時から文協内ゴルフ場で同部創立10周年記念大会と昼食会を開催し、各クラブから約200人の選手が参加した。 […]
  • 国際民族舞踊祭が開幕=各国自慢料理や民芸品も2003年9月27日 国際民族舞踊祭が開幕=各国自慢料理や民芸品も 9月27日(土)  第三十二回国際民族舞踊祭が二十七と二十八の両日、文協大講堂で開催される。コロンビアやドイツ、ハンガリーなど二十カ国以上、三十三団体の文化、舞踊団体が参加する。 […]
  • 《ブラジル》テメル政権=中道右派連合で来年選挙へ=好景気材料に逆転狙う=大統領候補有力はメイレレス=本人が再出馬する可能性も2017年11月28日 《ブラジル》テメル政権=中道右派連合で来年選挙へ=好景気材料に逆転狙う=大統領候補有力はメイレレス=本人が再出馬する可能性も  テメル大統領が、社会保障制度改革推進や来年の選挙を焦点に、民主運動党(PMDB)を中心とした中道右派の大きな連立を組もうと目論見はじめていると、25日付現地紙が報じている。  来年10月の大統領選を巡る世論調査では、ルーラ氏(労働者党・PT)とジャイール・ボルソナロ […]
  • コラム 樹海2013年7月31日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年7月19日  「上塚周平さんは少しも気取らない、大変庶民的な人でした。母が日本で師範学校を卒業していて、プロミッソンに入植してからも日本語学校で教鞭をとっていた関係で、母に連れられて上塚さんのご自宅に伺ったことを覚えています」。清水道子さん(88、大分) […]