ホーム | 日系社会ニュース | 在日外国人の総合研究=多文化社会への指針模索

在日外国人の総合研究=多文化社会への指針模索

1月6日(火)

 在日ブラジル人などを始めとするエスニック集団ごとの日本社会との関わり方をもとに、日本的多文化主義のあり方を模索する意欲作『多文化社会への道』(駒井洋監修・編著、明石書店、四千六百円)が〇三年十二月に刊行された。
 同書は『講座 グローバル化する日本と移民政策の課題』全六巻の最終刊として、結論的位置を占めるもの。外国人労働者や移民政策に関する研究を長年進めてきた駒井洋筑波大学教授が選んだ十四人の著者が、それぞれの専門分野を記述している。「本巻の課題に対して望みうる最高の執筆陣の協力を得ることができた」と駒井教授は「はじめに」で記している。
 第一部では「移民(在日外国人)と日本人が出会う場」として、激しい国際競争にさらされているIT企業、少子化によって存亡の危機に立たされている大学、学校、移民の信徒が殺到しているカトリック教会、モスク、日本語ボランティアネットワーク、日本のエスニック・メディアなどの章立てをし、日本人との接点で何が起きているかと、今後への展開について展望している。
 第二部では「エスニック集団ごとの日本社会への関わり」として、「中国人―日本社会と新華僑」、「ブラジル人―住み分けから共生へ」、「新韓国人―適応による潜在化と孤立」、「フィリピン人―内部からの貢献」、「欧米人―日本における複雑な立場」の章立ての中で、それぞれの人種(民族)ごとの現状分析と、そこから導き出される多文化社会への道筋が語られている。
 例えば、公立小中学校において多文化社会化を拒む要因として、第四章では山積する問題を抉り出す。そのハードルの一つは「同化を強いる組織風土」で、日本社会や文化の中にある「集団主義」「同調主義」「奪文化化」が学校内で行われていると指摘する。
 また、ブラジル人を扱った第十章では、他の外国人とは異なる日本人の血を引く日系人ならではの考察や、在日コミュニティの形成過程、移住二世世代が貴重な人材を生む可能性、日系四世世代が日本で合法就労できない現状などについて詳細に論じられている。
 駒井教授は、全体を総括する第一章で「多文化社会化へのもっとも根本的な問題点として、国際的にヒトをひきつける魅力が日本から失われつつあることを指摘したい。長引く景気低迷と産業の空洞化により、労働市場全般で就労の機会が減少しているばかりではない。高度な人材についても、日本を身かぎろうとする傾向が出現しかけている」と警告を発している。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ダヴォスで日伯首脳会談!=新大統領の就任以来初めて2019年1月24日 ダヴォスで日伯首脳会談!=新大統領の就任以来初めて  安倍晋三内閣総理大臣は23日午後、世界経済フォーラム年次総会に出席のため訪問中のスイス・ダヴォスにて、ジャイール・ボルソナロ大統領と会談した。同大統領就任以来、日伯首脳会談は初めて。  がっちりと肩を組んでいる写真を投稿したボルソナロ大統領は、「(昨年に)日本を訪問 […]
  • コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も2018年12月28日 コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も  ブラジル日本移民110周年記念式典が行なわれた7月をピークに、記念行事が目白押しの1年となった。なかでもハイライトは、3月の皇太子殿下、7月の眞子内親王殿下のご来伯だ。サンパウロ州地方部まで足を伸ばされた眞子さまは、各地で感動の渦を巻き起こした。110周年実行委員会も短期決戦 […]
  • 「空手を通じた日伯交流を」=ハリウッド俳優、小山田さん2018年12月27日 「空手を通じた日伯交流を」=ハリウッド俳優、小山田さん  ハリウッド映画『ラストサムライ』で準主演・信忠役を演じ、慈善活動にも熱心な邦人俳優の小山田真さん(こやまだしん、36、岡山県)が、20~24日にかけて来聖した。米国ロサンゼルス在住で、今回は当地における社会貢献活動展開の可能性を模索するために訪れた。  小山田さんは […]
  • ボルソナロ次期大統領=思春期に日系人の恋人?=3度懇談、山田大使に〃告白〃=新政権、日本との距離縮まるか2018年12月21日 ボルソナロ次期大統領=思春期に日系人の恋人?=3度懇談、山田大使に〃告白〃=新政権、日本との距離縮まるか  「ボルソナロ次期大統領には日系人のナモラーダ(彼女)がいたそうですよ」――13日晩、ブラジル日本商工会議所の忘年会に出席した山田彰駐ブラジル日本国全権大使に、次期大統領と懇談した様子を取材した際、コロニアには興味深いそのような事実が浮かび上がって来た。山田大使はすでに […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]