ホーム | 日系社会ニュース | 高齢者狙う詐欺急増=手口と予防策を紹介

高齢者狙う詐欺急増=手口と予防策を紹介

1月10日(土)

 高齢者を狙った詐欺犯罪がここ数年、増加傾向にある。サンパウロ市警高齢者保護課によると、一九九九年に二百十二件だったが、昨年は十二月十六日までで四百十八件と約二倍。八日付、ジアーリオ・デ・サンパウロ紙で市警がさまざまな犯行手口を紹介、高齢者に注意を促している。
 犯行手口
 ▽年金1=国立社会保険院(INSS)に税金を支払っていない人に対し、「年金が受給できる」と持ち掛け、さまざまな口実で被害者に一部負担金を払わせる。
 ▽年金2=銀行や自宅前で年金生活者を待ち伏せ、組合団体の職員を偽って近付き、被害者に対し、「滞納されている年金の賃上げ分を受け取る権利がある」と話し掛ける。手続きのための書類や手数料を要請する。
 ▽謝礼=複数の犯行。一人が高齢者の近くで小切手を落とし、仲間が高齢者に「誰の小切手か」と訪ねる。小切手の持ち主を装った犯人が、高齢者と犯行仲間に「謝礼をしたい」と持ち掛け、二人を銀行に連れて行く。被害者に不渡り小切手を渡し、「後でお金と一緒に戻ってくるから」と嘘をついて、謝礼の受け取り保証として被害者のカバンなどを持ち去る。
 ▽宝くじ=犯人があらかじめ目星をつけていた被害者に、「宝くじに当たった」と電話で連絡、賞金を受け取るためには登録票に記入が必要とし、被害者の身分証明書の番号を聞く。番号は後に犯行に使用される。
 ▽顧客再登録=銀行職員を称する犯人が自宅に電話、「顧客の再登録作業をしている」とし、様ざまな書類番号を尋ねる。後に電話のプッシュボタンで銀行の暗唱番号を押すよう指示、その音から暗唱番号を割り出し、銀行口座から預金を引き出す。
 防犯対策
 (1)銀行で預金を引き出す際、絶対に一人では行かない。自動支払機は銀行内かスーパーマーケット内にある機械のみ使うよう心掛ける。
 (2)銀行や自動支払機に並んでいる時、他人と預金などに関する会話をしない。また、暗証番号を他人に教えない。知らない人から手伝いを申し出られても受け付けない。
 (3)分からないことがあれば、見通しのよい場所で、名札をつけた銀行職員に尋ねる。
 (4)スリに狙われる恐れがあるので、混雑した乗物を避ける。
 (5)人気のないバス停や薄暗い場所で、一人でバスを待たない。
 (6)車掌の近くに座らない。強盗は真っ先に車掌を狙う。
 (7)買い物の際、財布を見せない。小切手を記入する時、他人の援助を受け付けない。
 (9)いつも集団で歩くようにし、散歩の道筋や時間は毎回変えるよう心掛ける。知らない人からヒッチハイクを申し出られても受け付けない。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年5月8日 東西南北  9日はサッカーのサンパウロ州選手権のグループリーグの最終節(第12節)の8試合が一斉に行われる。今回は波乱の大会で、すでにサントスが決勝トーナメントに進めずに脱落決定。この日の結果によっては、同選手権での2部降格もあり得る状態になっているほか、パルメイラスも結果いかんで決勝ト […]
  • 《サンパウロ州》現行の外出規制2週間延長=商店の営業時間は9時までに2021年5月8日 《サンパウロ州》現行の外出規制2週間延長=商店の営業時間は9時までに  サンパウロ州政府が8日、新型コロナ対策としての外出規制を「移行レベル」のまま2週間据え置くが、商店などの営業時間は延長すると発表したと同日付伯字サイトが報じた。  移行レベルの据え置きは、直近7日間の死者の平均値や新規の入院患者数の平均値が期待したほど下がらず、高止まりして […]
  • サンタクルス病院=29日に「日本病院」名復活=戦中の連邦介入以来79年ぶり2021年5月8日 サンタクルス病院=29日に「日本病院」名復活=戦中の連邦介入以来79年ぶり  サンパウロ市南部にあるサンタクルス病院(Hospital Santa Cruz、佐藤マリオ理事長)は7日、同院の創立記念日4月29日を機に「サンタクルス日本病院(HOSPITAL JAPONÊS […]
  • 東京埼玉宮城=持ち帰り屋台まつり開催=カレーパン、豚味噌角煮など2021年5月8日 東京埼玉宮城=持ち帰り屋台まつり開催=カレーパン、豚味噌角煮など  宮城県人会(上利エジガー会長)、埼玉県人会(吉田章則会長)、東京都友会(鈴木ワグネル会長)の3県人会は30日に「宮城埼玉東京屋台祭り」を開催する。  会場は、サンパウロ市リベルダーデ区にある宮城県人会館(Rua […]
  • 《ブラジル》マンジック氏が死去=ネット黎明期の成功者2021年5月8日 《ブラジル》マンジック氏が死去=ネット黎明期の成功者  ブラジルにおけるインターネット黎明期の成功者として知られるアレッシャンドレ・マンジック氏が6日、サンパウロ市で死去した。66歳だった。6、7日付現地紙、サイトが報じている。  マンジック氏は1954年にサンパウロ市で生まれ、1972年にサンパウロ州技術学校を卒業後、シーメン […]