ホーム | 日系社会ニュース | 波乱含みの臨時総会=県連 定款改正案を承認

波乱含みの臨時総会=県連 定款改正案を承認

1月13日(火)

 ブラジル日本都道府県人会連合会(中沢宏一会長)は九日午後、サンパウロ市ジャバクアラ区の長崎県人会で臨時総会を開き、新民法に適用させた定款改正案を審議した。二十九の県人会から代表者が出席、白熱した議論を繰り広げた。
 中沢会長はあいさつで、「数カ月前より(定款改正は)県連での議題となっていた。愛知県人会で新民法に関する説明会も開催している」とこれまでの経緯を説明。その上で、「弁護士など法律に詳しい二世会長らで構成される審議会を設け検討してきた」と述べ、そのメンバー名を挙げた。
 しかし、愛知県の林アンドレ会長と青森県の清藤イネ会長が「相談なしに専門家に任命されて、その後は音沙汰もなかった。それがいまになって草案が決められた後にメンバーだったといわれても納得出来ない」などと反発。中沢会長ら執行部に回答を求めたことで会議は一時紛糾、波乱含みのスタートとなった。
 改正案の草案は福島県の桜井仁会長を中心に石川県の竹下康次会長、広島県の大西博巳会長らが協力して作成したもので、これに関し、桜井会長、林会長、県連の吉加江ネルソン副会長の三者間で感情的な議論の応酬が続いた。しかし多くは法律上の細部に関する事項で、この日の変更案も盛り込む形で承認された改正案は、おおむね旧定款を引き継いだ内容になっている。
 ただ、「役員の解雇、定款改正に伴う臨時総会」の条項が、新定款では、「第一次召集で会員の五〇%プラス一人以上、第二次召集では同三分の二の出席が必要」とし、「その決議に当たっては出席者の三分の二の賛成を要する」と変更された。
 旧来の定款では、第二次召集で半数以上、決議は多数決と定められていた。
 今年、県連は会長選挙の年となる。二月に集中する各県人会の総会を待って、三月総会で会長・副会長選出する。新定款でも県連会長は二期四年まで認められており、現在一期目にある中沢会長が続投の意思をみせている。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 散り際の美学=サンパウロ市在住 脇田 勅(ときお)=<7>2018年9月14日 散り際の美学=サンパウロ市在住 脇田 勅(ときお)=<7>  わたしは一朝有事の際には、いつでも進退だけはきれいにしようと肝に命じていました。これはわたしがもっていた人生哲学でした。  県人会長を辞めるときにはスパッと潔くというのがわたしの信念であり、またその信念を貫き通す激しさをも、わたしは持っていました。また、わたしは『ドロをかぶ […]
  • ごあいさつ2018年1月3日 ごあいさつ 謹んで新年のお慶び申し上げます=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫  謹んで新年のお慶び申し上げます。  旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。  海外最大の日系人集団地ブラジルは、節目の移民110年周年を迎えました。  県 […]
  • 《ブラジル》外務大臣表彰=県連や陶芸家鈴木さんらへ=「これからも友好関係強化を」2017年11月7日 《ブラジル》外務大臣表彰=県連や陶芸家鈴木さんらへ=「これからも友好関係強化を」  平成29年度外務大臣表彰伝達・祝賀式が先月31日に在サンパウロ総領事公邸で行われた。受賞者のサンタクルス日伯慈善協会の石川レナト理事長、柔道家の石井千秋さん、陶芸家の鈴木章子さん、ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)に野口泰在サンパウロ総領事から賞状と記念品 […]
  • 千葉県人会が60周年迎え=滝川副知事らが慶祝訪問=『仲良く、楽しく、正しく』2017年9月5日 千葉県人会が60周年迎え=滝川副知事らが慶祝訪問=『仲良く、楽しく、正しく』  ブラジル千葉県人会(原島義弘会長)による同県人会創立60周年記念式典が8月27日、サンパウロ市ジャバクアラ区の同県人会館で行われた。県人を中心に約100人が参列。母県からは滝川伸輔副知事、河上茂千葉県議会ブラジル友好議員連盟会長、岩田利雄千葉県町村会長、市原武睦沢町長 […]
  • 静岡県人会60周年盛大に祝う=知事、県議会議長らと共に=県費留学制度の重要性を共有2017年9月2日 静岡県人会60周年盛大に祝う=知事、県議会議長らと共に=県費留学制度の重要性を共有  ブラジル静岡県人会(原永門会長)創立60周年式典が8月27日午前11時、同会館で開催された。母県からは川勝平太県知事、杉山盛雄県議会議長らが出席。集まった250人を超える県人会関係者と共に節目を祝った。来賓らは祝辞のなかで先人たちの功績に触れ、その苦労を偲んだ。式典後 […]