ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

 十二日の東京は冷え込みが厳しく市民たちは暖をとるのにやっきだったらしい。露や中国大陸から寒気が押し寄せたのと「放射冷却」の影響が大きかったために午前七時前の寒暖計は一・九度にまで下がり、やっと初氷が張った。気象庁の発表だと、こんなに遅れての初氷は一九二五年の観測開始以来のことで七十九年振り。日本列島が暖冬異変に見舞われているのは間違いなさそうだ▼さて―こちらサンパウロはもう真夏だというのに汗に塗れるような極暑の日はさっぱりこない。日本では一日の最高気温が三〇度を超えると真夏日と呼ぶ。最低気温が二五度以上の夜は、非常に暑くて息苦く寝るのも容易ではないので「熱帯夜」と称しているが、サンパウロでこんなに暑い日夜はない。雨が多いのは仕方がないとしても、カラッと晴れ上がる青空が消えてしまったのは、どうしてだろう▼こちらは、さしずめ冷夏とでも呼ぶべきなのか。秋と冬には雨が少なかったので貯水池が水枯れ。水道の危機が叫ばれたりもしたが、近ごろの雨で何とか乗り切れそうなのは大いに結構ながら、それでも水の貯蓄が十分なわけでは決してない。涼しい夏だからいいようなものの―これが酷暑で汗だくであったなら「水不足」ではとても済むまいに▼今年の正月は二十二度から二十四度程度の気温であり涼しい年明けだったし、三〇度を超す日も未だに到来してはいない。気象観測所によると、サンパウロの気温は年平均に比べると二度から三度は低いそうだが、さて―。この夏は涼しいと思っていいものかどうか。  (遯)

04/01/13

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》南米予選のサッカー代表メンバー発表=1週後にはコパ・アメリカも2021年5月15日 《ブラジル》南米予選のサッカー代表メンバー発表=1週後にはコパ・アメリカも  ブラジル・サッカー協会は14日、6月のW杯南米予選第5、6節に出場する代表選手24人を発表した。14日付現地サイトが報じている。  今回の代表選手は以下のとおりとなった。  《キーパー》アリソン(リバプール)、エデルソン(マンチェスター・シティ)、ウェヴェルトン( […]
  • 《サンパウロ市》人種差別や大量殺戮批判デモ=奴隷解放令署名日にちなんで2021年5月15日 《サンパウロ市》人種差別や大量殺戮批判デモ=奴隷解放令署名日にちなんで  南米最大の金融街サンパウロ市パウリスタ大通りで13日夜、人種差別や大量殺戮などに対する抗議デモが行われたと同日付現地サイトが報じた。  5月13日は、1888年にペドロ2世の娘のイザベル王女が奴隷制の完全廃止を宣言する「黄金法(Lei […]
  • 《ブラジル》コロナバック=原材料未到着で生産中断=接種計画さらに遅れるか2021年5月15日 《ブラジル》コロナバック=原材料未到着で生産中断=接種計画さらに遅れるか  サンパウロ市ブタンタン研究所のコロナバックの製造が、中国からの有効成分(IFA)の到着遅れで完全に停止した。それにより、コロナワクチンの接種計画の減速などの悪影響が出そうだと、14日付現地サイトが報じている。  ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事は14日の記者会見で、「良い […]
  • 東西南北2021年5月15日 東西南北  このところ、警察による暴力が再び注目を集めているが、サンパウロ市でも、「正当と呼べるかは微妙」な警察による暴力事件が発生し、話題を呼んでいる。それは今月1日、サンパウロ市南部グラジャウーで、警察官が一般市民の足を縛り、パトカーの中に閉じ込めて殴る蹴るの暴力事件を起こしたことだ […]
  • 特別寄稿=白い黄金を求めて=ブラジル綿花の歴史と日本人綿作者=櫻井章生(さくらいあきふ)=《3》2021年5月15日 特別寄稿=白い黄金を求めて=ブラジル綿花の歴史と日本人綿作者=櫻井章生(さくらいあきふ)=《3》  当時サンパウロ州奥地に入植した日本人移住者で文学を愛好し詩を作った人達があった。その詩の題材に綿花にかんするものが多かった。『日系コロニア文芸』別巻(大浦文雄・ルネ田口氏編)の「人文研研究叢書8号」に紹介された内容によると、横田恭平・丁未子・堀田野情・別府三郎・中井は […]