ホーム | 日系社会ニュース | マルシア離婚問題=〃浮気相手〃は関係否定

マルシア離婚問題=〃浮気相手〃は関係否定

1月16日(金)

 【既報関連】夫で俳優の大鶴議丹さん(三五)の浮気現場を目撃し、離婚宣言した歌手マルシアさん(三四、日系三世、モジ市出身)。その〃浮気相手〃の女性(二六)が十五日発売の「女性セブン」で、昨年十月に大鶴宅に一泊したことは認めたが、「絶対、一〇〇%、誓ってヤってない」と男女関係を否定し、話題を振りまいている。
 十五日付夕刊フジ紙、日刊スポーツ紙などが報じている。話題の女性は航空会社勤務の美人スチュワーデス(二六)。大鶴宅で開かれたパーティに大勢の友人と共に呼ばれ、「自宅が遠い」ので一人だけ泊まったそう。大鶴さんは酔いつぶれており、別々の部屋に寝たという。
 翌日昼過ぎに起きて、顔を洗おうとしたら、帰宅してきたマルシアさんと鉢合わせ。「服がくしゃくしゃになるのが嫌なので」と大鶴さんに借りたTシャツと短パン姿だったという。マルシアさんは夫と激しい言い合いになったが、冷静にカメラ付き携帯電話で彼女を撮影した。
 女性は「たたかれると思って、言われるままにしていました。申し訳ないって思います」と反省もしている模様、と報じられた。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 今週末の催し2006年1月27日 今週末の催し 2006年1月27日(金) ◇土曜日◇  桜ホーム「あじさい祭り」、二十八日、カンポス・ド・ジョルドン。二十九日日曜日も開催。      □  東京都友会新年会、二十八日午後六時、ニッケイ・パラセ・ホテル。 […]
  • 「コラムでブラジルを読む」=日文連の文章講座第2弾2004年12月15日 「コラムでブラジルを読む」=日文連の文章講座第2弾 12月15日(水)  好評を博した日文連の翻訳文章講座「コラムでブラジルを読む」(講師・中田みちよ)の第二弾が、来年一月から始まり、生徒を募集している。 […]
  • 工業部門に投資意欲戻る=内需拡大を見越して=輸出業界は慎重姿勢崩さず2007年5月29日 工業部門に投資意欲戻る=内需拡大を見越して=輸出業界は慎重姿勢崩さず 2007年5月29日付け […]
  • ■今週末の催し2016年10月20日 ■今週末の催し  22日(土曜日)  生長の家こども大会とお話大会、午前8時半、本部別館(Av. Eng. Armando de Arruda Pereira, 348, Jabaquara)      ◎  名画友の会映画鑑賞会、昼12時半、熟連(Rua Dr. Siqueira […]
  • 喫煙や飲酒も小頭症を招く=ジカ熱流行前に増加の傾向2018年4月6日 喫煙や飲酒も小頭症を招く=ジカ熱流行前に増加の傾向  サンパウロ総合大学(USP)とマラニョン州連邦大学(UFMA)が2010年に行った調査により、小頭症は喫煙や飲酒によっても起こりうる事や、ブラジルでは2015年のジカ熱流行以前から、国際的な基準より小頭症児の誕生率が高かった事などが明らかになった。  ブラジルでは2015年 […]