ホーム | 日系社会ニュース | サンパウロ市450周年=日系作家も記念展覧会=ロゴマークの二宮さんも

サンパウロ市450周年=日系作家も記念展覧会=ロゴマークの二宮さんも

1月20日(火)

 二十五日のサンパウロ四百五十年を記念して、今週は市内の各文化スペースで写真展など展覧会のオープニングが目白押し。住み慣れた街を別の角度から眺めたり、見直したりする絶好の機会だ。日系作家が参加するものを紹介すると―。
 アルヴァレス・ペンチアード街一一二番のブラジル銀行文化センターでは二月八日まで、想像の中のサンパウロをテーマに三人の写真家の作品を集めた「想像の印象」展が開催中だ。
 日系二世のエジ・コム(小宮エジソン)さんがその一人に選ばれた。普段はサッカーなどスポーツ・ジャーナリズム写真で活躍、元本紙写真部員でもある。
 影、反射をテーマに、サンパウロのアノニマス(匿名的)な表情を幾何学的な構図で捕らえた作品二十点が並ぶ。
 「人々の顔はあえてはっきりさせなかった」のは、都市に生きる人々の希薄な存在感に迫りたかったから、とエジさんはいう。
 ハート形に組み合わされたSとPのなかに、450の黄色い数字が収まっている、といえば、サンパウロ四百五十年の記念マーク。
 これをデザインした二宮セルソさんの展覧会もある。二十二日午後八時、フランセーゼス街一五三番のデコ画廊で開幕(二月二十二日まで)。電話11・289・7067。
 サンパウロの現在・過去・未来を俯瞰し表現した水彩画二十五点を展示。十五年にわたる創作の集大成になるそうだ。二世のセルソさんはサンパウロ大学などを卒業。現在は埼玉県に住み、グラフィック・デザイン、建築の分野で教鞭も取る。
 記念マークは日本滞在中に考案したもので、サンパウロ在住の友人とのインターネット上のやり取りから完成したデザインという。何千という応募を押しのけて一席に輝いたあのマーク、実は日本とブラジルの海の上で誕生していたことになる。
 「写真を撮影し始めて今年で五十五年、サンパウロの節目と重なったね」
 六十八歳になる村上カリスト寿成さんの写真三十八点が飾られるのは、パウリスタ通り一八〇四番のブラジル中央銀行ギャラリー。二十三日午後六時にオープン、二月六日まで続く。
 ヴォルピ、ジョゼ・アントニオ・ダ・シルヴァらブラジル美術界の大物と交流があり、作家の肖像、展覧会の模様を撮影した写真で本来は知られるが、今展のテーマはサンパウロの街並に焦点が絞られている。
 とはいっても、なかには市内の美術館、博物館の写真も多く含まれ、各館の展示品から、サンパウロ国際美術ビエンナーレの様子まで目に出来る。
 今回紹介した三人の展覧会は全て入場無料。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年4月7日 東西南北  3月26日から4月4日にかけて、サンパウロ市では「フェリアドン」と呼ばれる大型10連休が実施された。サンパウロ市の公共交通機関ではその間、乗客数がおよそ3分の1減ったという。この期間中、市内のバスや地下鉄、CPTMでは1日平均123万8千人の利用があったが、それは赤レベル実施 […]
  • 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!2021年1月2日 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!  あくまで2021年7月までに感染爆発が収まっていた場合の話ではあるが、1年延期になっていた東京オリンピックが開催される。ブラジル的に気になるのはやはりサッカー。前回、2016年のリオ大会では、悲願の金メダル獲得を果たした。東京で2連覇がかかるわけだが、今大会でのセレソ […]
  • 「疑いなく良い補強」=本田移籍が取り沙汰される、ボタフォゴ監督が会見2020年1月25日 「疑いなく良い補強」=本田移籍が取り沙汰される、ボタフォゴ監督が会見  ブラジリア時間23日昼過ぎ、「元サッカー日本代表MFの本田圭佑がリオのボタフォゴと加入に向けて交渉中」と報じられ、24日にボタフォゴの監督会見が行われた。  同チーム監督のアルベルト・ヴァレンチン氏は本田加入の可能性について、次のようにコメントしている。  ヴァレンチン氏 […]
  • 東西南北2019年5月3日 東西南北  日本では新元号「令和」がはじまった5月1日は、労働者が毎年、権利要求などを行う「メーデー」でもあり、今年も各地で労働組合による集会が行われた。サンパウロ市のものはセントロのアニャンガバウーで行われ、約20万人ほどが集まった。集会の焦点は、予想された通り、ボルソナロ政権が行おう […]
  • 東西南北2019年3月8日 東西南北  6日に行われた「アプラソン(審査結果発表)」の結果、今年のリオのカーニバルのスペシャル・グループのエスコーラのデスフィーレ(パレード)は、古豪マンゲイラが優勝した。優勝は3年ぶり20回目。今年のマンゲイラは、演技をし終わった直後から大絶賛の嵐だったが、いざ蓋をあけてみたら、満 […]