ホーム | 日系社会ニュース | サンパウロ市記念日イベント=丹下セツ子太鼓道場も

サンパウロ市記念日イベント=丹下セツ子太鼓道場も

1月23日(金)

 サンパウロ市は二十五日にヴィンテ・トレース・デ・マイオ大通りを閉切って、市制四百五十周年を記念したイベントを開催。セントロ方向では、サンパウロ市三十一地区ごとにショーを展開。パウリスタ方向では十二のエスタソンを設け、食や禅、子どもをテーマとした多種多彩のイベントがある。
 リベルダーデ商工会(池崎博文会長)も、これに参加することが二十一日に正式決定。セントロ方向のバンデイランテス高校近くで、十二時五十分からおよそ三十分間太鼓のショーを行う。セー区のセルジオ・トレーシラ副市長からの要請で実現したもの。丹下セツ子太鼓道場やブラジル助六太鼓が実演する。
 なお、セー区は太鼓のほか、ジャズやサンバのショーを披露する。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 来社した池崎会長(左から2人目)ら2015年6月30日 ACAL七夕祭り、今週末=アギアがサンバで120周年祝う  リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)が4、5の両日午前10時半から、リベルダーデ広場を中心に『第37回七夕祭り』を開催する。 会員らによる手作りの七夕飾りが会場を彩り、舞台では太鼓、歌謡ショー、ダンスなどが繰り広げられる。広場から大阪橋にかけて約 […]
  • 2009年10月30日 平成学院=新校舎建設地で鍬入れ式=父兄らが出資し、寄付=浜崎氏「夢が実現した」 ニッケイ新聞 2009年10月30日付け  インスティトゥート平成学院(浜崎クラウジアみゆき会長、サンパウロ市カーザ・ヴェルデ区)は、同院に隣接する新校舎建設予定地(R. Jose Inacio de Oliveira, […]
  • 2008年7月5日 編集部座談会「ざっくばらんでいこう」=各地の百周年式典を総括 ニッケイ新聞 2008年7月5日付け ◆座談会参加者の紹介深=本紙の編集長ながら、最多のブラジリア、サンパウロ、パラナ、ベロ・オリゾンテを取材。若手記者を大きく引き離す奮迅の活躍ぶりを見せた。神=邦字紙記者歴四十余年、唯一過去の周年行事を取材。サンパウロ・サンボードロモ式典会 […]
  • 「長年の盟友に敬意」=カルドーゾ前大統領も弔問=サンパウロ州議会2005年4月28日 「長年の盟友に敬意」=カルドーゾ前大統領も弔問=サンパウロ州議会 4月28日(木)  「とてもサウダーデを感じている。彼は本当の友人であると同時に、長年の盟友として敬意を捧げたい」 […]
  • 東西南北2021年5月11日 東西南北  8日、リオ市のエドゥアルド・パエス市長が、市内のローダ・デ・サンバ(輪になってサンバを歌う場)でマスクも着けずに生演奏で歌っている姿がネット上で流出。10日朝、謝罪を行う事態が発生した。リオ市では7日に規制緩和が発表され、バーは23時までの営業が可能となっていたが、サンバ・バ […]