ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

 「コロニアでは、日本からお金引っ張ってくる人が〃やり手〃だと思ってる人がいるけど、いつまでもそういう乞食根性は良くないと思うよ、個人的な意見だけど」。モジ市イタペチの農業・芳賀七郎さん(コチア青年)は力説する。
 会館建設しかり、百周年記念事業しかり、日伯学園構想しかり、コロニア発の大型プロジェクトの多くは、日本の資金が前提とされる。移住百年を迎える今こそ、本当は日本の〃扶養〃から独立して、小さくても、自分の財布で物を考える発想が大事なのでは。
 「俺、いつも思うんだけどよ。自分のいる地域で、外人も含めて仕事していって、少しでもブラジル良くすることが、一世の大切な役目なんじゃないかな。日本人だけサンパウロの中央に集まってゴタゴタすんのって、どうかなって思うよ」とのご意見。世間的には少数派かもしれないが、まったく同感。 (深)

04/01/28

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■訃報■ブラジル浪曲協会元会長 樋口四郎さん2021年5月4日 ■訃報■ブラジル浪曲協会元会長 樋口四郎さん  「ブラジル浪曲協会」最後の会長、浪曲名人「月若(つきわか)」としてならした樋口四郎さん(福岡県)が、4月30日15時30分に聖州カンピーナス市内の自宅で亡くなった。行年85歳。1日に家族と知人のみで告別式を行い、同市内の墓地「Cemitério Parque […]
  • 聖南西果樹農家巡り(下)=ピエダーデの益田照夫さん=大規模化して次世代に継承2021年4月7日 聖南西果樹農家巡り(下)=ピエダーデの益田照夫さん=大規模化して次世代に継承  フェイラには真っ赤に熟れた柿が並んでいる。生産者の大半は日系人だ。その代表的な一人、ピエダーデ市で高品質な柿や栗などを生産する益田照夫さん(79歳・愛媛県)を取材した。  益田さんの生産物は聖市の台所、中央卸売市場「セアゼスピ」で卸売されている。柿の収穫期の現在は週 […]
  • 特別寄稿=新移民の頃の事ども=サンパウロ市 村上 佳和2021年3月5日 特別寄稿=新移民の頃の事ども=サンパウロ市 村上 佳和 「行け行け南米新天地」のポスターを見て  八十歳を迎え、移住してより、六十年。世界中がコロナ禍で旅行も出来ず、外出も控えて、家でゴロゴロして居る今日この頃である。早くコロナが終息する事を祈りながら、暇にまかせて、新移民の頃を思い返してみよう。  高校最後の夏休み […]
  • 自分史寄稿=「移り来て六十年」=サンパウロ市在住 村上佳和2020年12月24日 自分史寄稿=「移り来て六十年」=サンパウロ市在住 村上佳和  戦前移民19万人、戦後移民6万人とか7万人と言われる。日系190万人、海外最大の日系社会である。1957年から1962年の5年間が戦後移住者のピークで、1964年の東京オリンピックを機に日本は高度経済成長期に入って移住者が激減し、新しく移住してくる人が途切れて50年。戦後青年 […]
  • 旧コチア産組=関係者と青年先亡者慰霊祭=国士舘に全伯から40人=志半ばで眠った仲間悼む2020年12月18日 旧コチア産組=関係者と青年先亡者慰霊祭=国士舘に全伯から40人=志半ばで眠った仲間悼む 『2020年度コチア組合関係者およびコチア青年先亡者合同慰霊祭』が12日午前9時半から、サンパウロ州サンロッケ市の国士舘大学スポーツセンター内の国士舘青年広場で行われた。コロナ禍の中にも関わらず、コチア青年連絡協議会(前田進会長)の会員ら約40人が地元サンロッケ、イビウ […]