ホーム | 日系社会ニュース | 嶋田会長が退任=パラナ文連=後任は戦後移民・上口さん

嶋田会長が退任=パラナ文連=後任は戦後移民・上口さん

1月29日(木)

 [パラナ支局、既報関連]パラナ日伯文化連合会の第三十七回定期総会が、二十五日、同連合会会館で行われ、役員改選で嶋田巧会長が退任、新たに上口誠一副会長(マウア・ダ・セーラ)を会長に選任した。上口新会長は戦後移民。
 嶋田会長は連合会創設以来、副会長十年、会長八年をつとめ、会の発展に献身、貢献した。連合会の活性を失わせてはならない、というのが信念で、支部巡回など率先して実行した。
 同連合会はさきごろ、クリチーバ総領事館の推薦により、日本国外務省表彰を受け伝達された。嶋田氏はまた今度の総会で、役員として感謝状を受けた。謝辞で「私たちの連合会が外務省表彰を受けたが、これは青山鑛一クリチーバ総領事の配慮。会長とか役員が受けたわけではなく、パラナのみなさんがいただいたのだ。三十五周年という記念の年に受けたのが嬉しい。パラナ文化運動連盟と合同で、百年祭を祝って、パラナの日系はよく団結していることアピールしたい」と述べた。
 上口新会長は、大きな文協連合体のトップとなった。サンパウロ市では特に〃参加しない戦後移民〃といわれ、特に一世がリーダーシップをとる団体でなければ、団体のトップにならなかった。「なれなかった」という表現も当たる。したがって「パラナは違う」という印象が強い。農業一筋の柿農家。嶋田会長の頼りになる片腕の一人だった。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 憩の園(救済会)に手をさしのべよう=サンパウロ市在住 網野 弥太郎2018年3月6日 憩の園(救済会)に手をさしのべよう=サンパウロ市在住 網野 弥太郎  2018年1月30日午後7時に、私たちは前会長、現理事吉安園子氏よりの招集があり、ぜひ出席して憩の園の再建についての会合に出席して欲しいとの話をいただきました。  当日、本田理事から憩の園の現状、特に財政事情についての説明があり、最近の日系社会に関する高齢者化と日系 […]
  • 《ブラジル》南部で零下8・8度を記録=氷に覆われた飛行機は遅発2017年7月20日 《ブラジル》南部で零下8・8度を記録=氷に覆われた飛行機は遅発  アルゼンチンの冬の観光地バリローチェでは、空港閉鎖の事態も起きるほど、強い寒波に覆われている南米南部だが、ブラジルでも、19日はサンタカタリーナ州ボン・ジャルジン・ダ・セーラで今年最低のマイナス8・8度を記録。南部、南東部を中心に厳しい寒さが広がっている。  国立気 […]
  • 《ブラジル》サンパウロ州版ラヴァ・ジャット作戦始まるか2017年3月10日 《ブラジル》サンパウロ州版ラヴァ・ジャット作戦始まるか  サンパウロ州に大激震が走りそうだ。ジョゼ・セーラ元州知事が2月22日に外務大臣を突然辞任した理由は、公式には「健康上の問題」。辞任会見の映像を見ると、確かに目が虚ろになって心なしかフラフラしているように見えた。だが、エスタード紙5日付にとんでもない大疑惑が報道されたの […]
  • ニッケイ俳壇 (858)=星野瞳 選2015年10月2日 ニッケイ俳壇 (858)=星野瞳 選 アリアンサ  新津 稚鴎 激つ瀬のひっぱる風や木々芽ぐむ 草萌ゆる野やぽっかりと月浮かべ 鼻振って家の漫歩や蝶の昼 夜蝉鳴く泣き虫の樹が泣き止めば 貯水池に天から降って目高棲む いさぎよく葉を落としイペ花仕度 水温む鶏が孵せし子家鴨に 【作者・稚鴎さんは来たる十 […]
  • イベント情報2013年9月28日 イベント情報 ニッケイ新聞 2013年9月21日 【9/21〜9/27のサンパウロ州でのサッカー】 ブラジル選手権(Brasileirao) 9/21(土) ・パルメイラス対スポルト(会場:パカエンブー・スタジアム) 9/22(日) […]