ホーム | 日系社会ニュース | 何のための県人会か=宮城総会が中止=最終回=「コロニア全体の問題」=問われる会員の参加意識

何のための県人会か=宮城総会が中止=最終回=「コロニア全体の問題」=問われる会員の参加意識

1月31日(土)

 どこの県人会も人材不足の悩みを抱えている。ある役員はぼやく。「会長になれる能力の人はいても、仕事が忙しくて時間がさけなかったりで、実際、なかなか会長を引き受けてくれる人はいないんだよ」。
 県連顧問の網野弥太郎さんは、こう考える。
 「確かに、どこの県人会でも人材不足の悩みを抱えている。本当は、あの人にやってもらいたいが、遠くから来ているとか、本業が忙しいとか。でも、本当にやってもらい人には、みんなで頭を下げてお願いして、就任してもらうことが大事じゃないですかね。そして、頼んだからには、みんなで支える。それでこそ、みんなの県人会じゃないですか」
 続けて、「なにも問題が起きたからって、会長だけが悪いんじゃないと思いますね。あの会長に任せておけばいい、ということがマイナス効果を生むこともある。面倒くさいから任せておこう、という会員の無責任さが会運営の惰性を生むんじゃないですかね。結局、会員一人一人が目覚めるしかないのじゃないだろうか」と、会員全体の自覚を問う。
 騒動と手打ちが繰り返される、長い歴史をもつ〃お家騒動〃の背景には、それを放っておく会員の惰性があると、網野さんは指摘する。
 県人あっての県人会だ。会長あっての県人会ではないだろう。県人に選ばれ、運営を任された人が会長であり、民意を尊重し、会のために尽くすのが本来の姿。仮に、県人不在で、執行部が思うがままに牛耳れる会が存在するのであれば、本末転倒といえよう。でも、その本来の姿を保つには、健全なる県人の責任ある態度が常に前提となる。
 営利団体でなく、親睦団体だからこそ「最良の人選」はありえない。常に、その時の現実的な選択で役員は選ばれる。にも関わらず、県人会会長になれば、県連会長や百周年祭典協会副理事長という、日本側からも深い敬意を払われ、大きな資金の流れを管理する〃権力の座〃への道が開ける。もちろん、叙勲という栄誉にあずかる可能性も出てくる。
 親善団体と〃権力の座〃の間に横たわる溝には、いろいろな思惑、矛盾も詰まっているようだ。
 二月末に予定される宮城県人会の定期総会で、本当の意味で試されるのは、中沢会長の信任ではなく、県人の会に対する〃想いの強さ〃ではないだろうか。
 総会シーズンまっただなかの現在。「これは、一県人会だけの問題じゃない。コロニア全体にいえることじゃないですかね」というある県連役員の言葉が耳に残った。
(おわり、深沢正雪記者)

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • GLA講演会、17日=『2019新年の集い』2019年2月9日 GLA講演会、17日=『2019新年の集い』  宗教法人GLAブラジル支部(尾田嘉雄理事長)は「映像の集い・2019新年の集い」を17日午後2時から、サンパウロ市リベルダーデ区のブラジル日本文化福祉協会代大講堂(Rua Sao Joaquim, […]
  • CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す2019年2月8日 CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す  日本の農林水産省が中央開発株式会社(以下CKC、本社=東京)に委託する「平成30年度中南米日系農業者等との連携交流・ビジネス創出委託事業」の会議が今月4、5両日、サンパウロ市の宮城県人会会館で開催された。昨年4月から再スタートした同事業には、ブラジル、亜国、パラグアイ […]
  • 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も2019年2月8日 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も  ブラジル高知県人会青年部(川上カミラ部長)は「第2回高知のおきゃく」を10日午前11時から午後4時まで、同会館(Rua das Miranhas, […]
  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 三重県人会総会、24日2019年2月8日 三重県人会総会、24日  ブラジル三重県人会(下川孝会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区の同会館(Av. Lins de Vasconcelos, […]