ホーム | 日系社会ニュース | 老人週間=体験して、もっと活発に=援協デイセンターを開放

老人週間=体験して、もっと活発に=援協デイセンターを開放

ニッケイ新聞 2011年10月15日付け

 サンパウロ日伯援護協会(菊地義治会長)など日系福祉4団体共催の『第42回日系老人週間』が6、7の両日、「安全な地域生活」をテーマに援協福祉センターで開催され、6、7両日で約520人が参加した。
 昨年までは文協で鑑賞型のイベントだったが、「高齢者同士が気軽に交流でき、趣味や活動を見つけられる場の提供」を目的に、今回はデイセンターを1日体験できる形で開催した。
 パッチワーク、手編み、折紙など手芸講座、爪の手入れなど衛生講座、料理教室ではお好み焼きの作り方が紹介され満員となる人気ぶり。
 出店者の1人は、「人の役に立てたと嬉しくなる」などと話していた。
 八巻和枝福祉部長は、「自分や家族のためだけではなく、他人にあげる、売る、ということは生き甲斐に繋がる。お互いの作品を見合うことは作品作りの刺激にもなるし、値段の付け方や作り方を工夫することはボケ防止にもなる」と意義を強調した。
 5階ホールでは健康体操、ストレッチなどレクリエーションが終日繰り広げられ、社交ダンスや炭坑節など各種踊りが楽しめるバイレは両日大盛況だった。
 ダンスを続けて足腰が丈夫になったという家安マルシミーナさん(65、二世)は、「コロニアでこうした高齢者向きの活動があるのは援協だけ。社会化が課題の日系人にはもっとイベントが必要」と汗を額に笑顔で話した。
 「色々な人と知り合えるのが楽しいし、健康にもいい」と語るのは、隈元勇吉さん(89、鹿児島)。ヘジーナ・サントスさん(67、サンパウロ市)は、「週三回のダンスに、セラピーや太極拳もしている。食事にも気を配ることが健康の秘訣」と話す。
 アリエッテ・ギマロスさん(64、サンパウロ市)は、「ずっと折紙をやってみたかったけど、他の場所では参加費が高い。無料なのがすばらしい」とイベントの良さを挙げ、「デイセンターでストレッチなど運動を続けて糖尿病も改善した」と溌剌と語った。
 高橋貞夫さん(55、二世)は、「ダンスができないことや、グループに溶け込めないことが恥ずかしかったが、『仕事外でも世界を広げよう』と思って始めてみたら、楽しくなった。知り合った人と悩みを話し合うこともでき、気持ちも楽になる」と話していた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • そろそろ「日系7団体」にしては?2020年3月10日 そろそろ「日系7団体」にしては?  毎年の新年祝賀会に始まり、昨年4月には「新天皇ご即位・新元号『令和』祝賀晩餐会」、今年2月には天皇陛下の還暦を祝ってサンパウロ市立劇場で盛大に行われた天皇陛下誕生日祝賀会など、日本との繋がり深い大事な行事は「日系5団体」が申し合わせて計画する。  この5団体は、言う […]
  • 2017年1月元旦=新年のご挨拶2017年1月1日 2017年1月元旦=新年のご挨拶 新年に考えること=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田康夫  謹んで新年のお慶び申し上げます。  旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 […]
  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • 年頭のご挨拶2016年1月5日 年頭のご挨拶 県連50周年とリオ五輪に向かって=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋幹久 新しい年2016年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 一年の計を思い成す為には、過ぎた一年を思いたどることも必要かと思います。 2015年は、先ず県連も日系コムニダーデの一員 […]
  • 在聖総領事館=一世紀の節目を盛大に祝う=記念昼食会に360人駆けつけ2015年8月4日 在聖総領事館=一世紀の節目を盛大に祝う=記念昼食会に360人駆けつけ  「ちょうど100年前に始まった」―在サンパウロ日本国総領事館と関係の深いブラジル日本文化福祉協会やブラジル日本都道府県人会連合会、サンパウロ日伯援護協会などの日系団体や日系議員、日本政府関係団体、諸外国領事館関係者等、約360人が一堂に会し、同総領事館が設立から100年を […]