ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

 日本人にとってイスラムの国々は距離的な感覚もあって遠い存在として捕らえる傾向が強いがムハンマド(マホメッド)は知っているし「コーラン」を読んだことのある人々も多い。アラビア半島に生まれ布教の輪を広げたイスラム教はアジアにも根を下ろし今や八億人近い信者を誇る世界の宗教と見ていい▼仏教やキリスト教もながらイスラムも大きくは二つの派に大別される。サウジなどの多くの国が信じるのはスンニー派であり一般的には穏健派とされほぼ九〇%の信徒が属する。もう一つがイランで圧倒的に多いシーア派であり隣国・イラクも国民の六〇%がこの派とされフセイン政権(スンニー派)からの弾圧も厳しいものがあった▼今、イラク南部の要衝・バスラ州庁舎を占拠し反米の狼煙を挙げるいるのが、このシーア派の強硬派として知られるムクタダ・サドル師を慕う支持者である。バグダットの東郊でも武装イラク人と米兵との銃撃戦が起こり七人の兵士が死亡。武装勢力側にもかなりの犠牲者が出ているそうであり、このままだと大きな武力衝突に発展する恐れもある▼これまではフセイン勢力との闘いが軸であったのだが、ここえきてシーア派との闘いが本格化すればイラク統治の難しさは一挙に高まる。尤も、イラクのシーア派の最高権威であるアリ・シスタニ師はサドル師とは厳しい一線を画している。このためシーア派の全面的な支援は得られないの観測が専らであり、あまり先行きを心配しなくてもよさそうなのだが―。  (遯) 

04/04/06

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 中島宏著『クリスト・レイ』第37話2020年9月10日 中島宏著『クリスト・レイ』第37話 「そのポルトガルの日本での勢力が弱くなったことと、キリスト教への弾圧が始まっていったこととは、どこでどう結びついているのですか。簡単に考えると、そこにはあまり直接的な関係はないようにも見えるけど」 「西洋の文明を初めて日本に運んできたのはポルトガルだったけど、最初は独占するよ […]
  • 東西南北2011年3月2日 東西南北 ニッケイ新聞 2011年3月2日付け […]
  • コラム オーリャ!2008年6月27日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2008年6月27日付け  各地で行なわれた百周年式祭典は、皇太子殿下をお迎えすることで最高潮に達した。今年に入り百周年・日系社会を報道してきたブラジルメディアも大きく取り上げた。 […]
  • 社会問題に所得別の差=治安は中流層がトップ=富裕層は環境、下流層は住宅施設2005年10月29日 社会問題に所得別の差=治安は中流層がトップ=富裕層は環境、下流層は住宅施設 2005年10月29日(土) […]
  • 自慢のうどんも=50回目のバザー=大阪なにわ会2005年4月5日 自慢のうどんも=50回目のバザー=大阪なにわ会 4月5日(火)  大阪なにわ会(下平尾哲男会長)は十日午前九時から、同会館(ドミンゴス・デ・モラエス街一五八一番)で恒例の慈善バザーを開く。今回で五十回目。 […]