ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

  NHKのドラマ「ハルとナツ」(〇五年放映予定)の副題は「届かなかった手紙」である。現実には、ほかに書かなかった、書けなかった手紙もある▼さきごろ、第六面で富山県在住者の、叔父の未亡人、従兄弟捜しを紹介した。このケースは、約六十五年全く没交渉だったが、老境に入った今、まだ会ったことがない二人の消息を知りたい、許してもらえるなら、元気なうちに(ブラジルを訪問し)会いたい、というものだった▼許してもらえるなら、には六十五年間も音信を絶っていたことへの詫びが込められているようだ▼捜し主は富山県福光町の加藤謙蔵さん。叔父加藤政次郎さんの未亡人という人は加藤正子さん(福島県人)、従兄弟はその一人息子の正人さん。政次郎さんは三五年頃親戚の家族構成で渡伯、正子さんと結婚し、正人さんをもうけたが、親戚一家が帰国したため、心細さから精神的な障害が生じた。ほかの人に連れられ帰国、その後十年ぐらいして死亡した▼正子さんと正人さんは残された。当時、幼子をかかえ、正子さんはどのように暮らしたのだろう。再婚の道などあったのだろうか。戸籍上では今も亡夫の郷里の町に「加藤正子」で生き続けている▼二人を捜している謙蔵さんは、叔父の帰国の頃、幼少で〃責任は全くなかった〃はずなのに、過去、手紙を書かなかったゆえに、責任を感じているようにみえる。生きていれば、正子さん八十七歳、正人さん六十六歳。ブラジルのどこにいるのだろう。(神)

04/05/07

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■訃報■国士舘舘長 柴田德文氏2021年4月14日 ■訃報■国士舘舘長 柴田德文氏  学校法人国士舘舘長の柴田德文氏が4月6日に亡くなったと、下本八郎元聖州議のもとに連絡が入った。行年74歳。  学校法人国士舘と柴田家の合同葬として、通夜は10日に、葬儀などは11日に勝国寺青龍殿で執り行われた。葬儀委員長は学校法人国士舘理事長の大澤英雄氏、喪主は長男の柴田德 […]
  • 中央銀行=テロよりインフレが心配=過熱経済が生む懸念=需要と供給の調整機関欠如=解決不可の土壌と民族2007年12月29日 中央銀行=テロよりインフレが心配=過熱経済が生む懸念=需要と供給の調整機関欠如=解決不可の土壌と民族 ニッケイ新聞 2007年12月29日付け  中央銀行は二十七日、国内経済の過熱によるインフレのほうがパキスタンのテロ事件よりも懸念事項だとする報告書を発表と二十八日付けエスタード紙が報じた。特にサービス価格の高騰が、心配の種だと中銀はいう。二〇〇八年のIPCA(消費者物価 […]
  • 刊行物=「日系文学」7月号2011年8月9日 刊行物=「日系文学」7月号 ニッケイ新聞 2011年8月9日付け  『ブラジル日系文学』第38号(11年7月号)が発行された。 […]
  • 東西南北2016年5月25日 東西南北  サンパウロ市地下鉄と都電(CPTM)の従業員たちは23日、24日に行う予定だったスト中止を発表した。地下鉄、CPTMの従業員たちはそれぞれ10・82%、11・08%の賃上げ要求を行っていたが、地下鉄は7・5%の引き上げを提案、CPTM側の10・44%との回答は受け入れられた形 […]
  • 誰のせい?寂しい歓迎会=「コロニア総出」今は昔=共催団体代表姿を見せず2004年7月17日 誰のせい?寂しい歓迎会=「コロニア総出」今は昔=共催団体代表姿を見せず 7月17日(土) […]