ホーム | 日系社会ニュース | 興奮と感動=「由紀さおり・安田祥子童謡コンサート」=カンピーナス、舞台と一体=共に口ずさみ涙流す= 100年祭公演に意欲

興奮と感動=「由紀さおり・安田祥子童謡コンサート」=カンピーナス、舞台と一体=共に口ずさみ涙流す= 100年祭公演に意欲

7月6日(火)

  興奮と感動の一時間半――。三日午後八時から行なわれたカンピーナス日伯文化協会(花田忠義会長)主催の「由紀さおり・安田祥子童謡コンサート」には、約五百五十人が二人のコーラスを聞こうと詰め掛けた。二人がブラジルで歌うのは、六年前のサンパウロ市での「NHKのど自慢」以来二度目。
 「あの時、この時 歌・うた・唄」をテーマに開催された同コンサートでは、童謡「もみじ」など二十曲以上が披露され、由紀さん・安田さん姉妹の美しいコーラスに合わせて一緒に口ずさむ人や涙を流して聞くお年寄りの姿も見られた。曲の合間の二人のトークも軽快で会場を笑いの渦に巻き込み、コンサート終盤には観客が総立ちになって由紀さんと安田さんに歓声と拍手を送るなど熱気と興奮に包まれた一時間半となった。
 はじめにステージに立った花田会長は「日系社会全体にもカンピーナスにも忘れがたい日になるでしょう」と挨拶し、由紀さん、安田さんが登場した。
 由紀さんが「Boa noite」「Muito obrigada」などポルトガル語を交えて挨拶すると、会場はドッと沸いた。また二人は「みなさんの心のどこかに残っている日本の歌を、あの日・あの頃に戻って聞いてください」と呼び掛けた。
 「ふるさと」や「荒城の月」などよく知っている曲になると観客も一緒になって歌い、会場いっぱいの大合唱となった。
 観客から聞きたい歌を募る「リクエストコーナー」では、最初は遠慮がちだった観客も次第に積極的に手をあげるようになり、小さな子からお年寄りまでが曲をリクエスト。当初予定していた三曲を優に超える披露となった。
 NHK紅白歌合戦などでも披露している二人の十八番「トルコ行進曲」が終わると観客が総立ちになって二人に拍手を送った。アンコールは隣同士手をつないで体を揺らしながら「あの町この町」を歌い、会場全体が一つになった。
 このコンサートのためにリオデジャネイロから駆け付けた野村隆子さんは「とてもすばらしい。胸がいっぱい」と大興奮の様子。また日本のコンサートを亡き母と聞きに行ったという栗原洋子さんは「今日も母と一緒に聞きました」と話した。
 二人は感情表現のストーレートな観客にすっかり感動した様子。「みなさんの力強さを感じました」と終了後の感想を話した。
 由紀さんはNHKドラマ「ハルとナツ 届かなかった手紙」の撮影を六月二十五日から一日まで行なっていた。「多くの苦労を味わいながら生活してきた日系の方たちの努力は素晴らしい」と日本移民を讃え、「日系人の歴史を日本全国の若い人たちが知るのは素晴らしいこと」と話した。
 次回は、二人が一緒に童謡を歌いはじめて二十周年になる二年後と四年後の移民百周年に訪れたいと意欲を見せている。
 同コンサートの模様は二十二日NHKテレビ「生活ホットモーニング」で世界放送される予定。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと2019年2月5日 アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと  昨年末をもってサンパウロ新聞(以下、サ紙)が廃刊した。あちこちから「それについて書かないのか」とせっつかれる。他人ごとではないだけに非常に気が重いテーマだ。まず思い浮かぶのは「お疲れさま。お互いよくここまで持った」という感慨だ。110周年まで日刊2紙が生き残ったこと自 […]
  • ■訃報■秋本満敏さん2019年1月5日 ■訃報■秋本満敏さん  中西部日伯協会連合会元会長で連邦区在住の秋本満敏さんが、心臓発作により入院先で4日に急逝した。享年70。  秋本さんは1949年1月1日生まれ。愛媛県出身で、60年に移住。77年までパラナ州ウライーで過ごした。  ツバロン製鉄所などでの勤務を経て、80年からブラジ […]
  • 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り2019年1月4日 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り  大晦日のサンパウロ市風物詩、リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)が主催する第48回餅つき祭りが、31日午前9時からリベルダーデ日本広場で開催され、2万袋の紅白餅が配られたほか、グローボ局が昼のニュースSPTVで生中継した。  まず来賓らが順番に餅つきに […]
  • コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も2018年12月28日 コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も  ブラジル日本移民110周年記念式典が行なわれた7月をピークに、記念行事が目白押しの1年となった。なかでもハイライトは、3月の皇太子殿下、7月の眞子内親王殿下のご来伯だ。サンパウロ州地方部まで足を伸ばされた眞子さまは、各地で感動の渦を巻き起こした。110周年実行委員会も短期決戦 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]