ホーム | 日系社会ニュース | イタペチすき焼き

イタペチすき焼き

7月7日(水)

  何人で食べても四十レアル――。モジ・ダス・クルーゼス市イタペチ日本語学校婦人会とイタペチ日本人会は「第十九回ケントンとすき焼き祭り」を、十、十一日イタペチ農業クラブ体育館(タボアン街道15キロ地点)で行なう。
 すき焼きは鍋一杯四十レアル(入場料込み)。一人で食べても十人で食べても料金は変わらないが、「四人で食べるのがちょうどいい」くらいの量。すき焼きとケントンのほかにマンジョッカ料理(フリッタ、スープ、ケーキ)や寿司があり、果物や花が当たる抽選会も催される。
 大浦格日本人会会長は「おいしいと評判のマンジョッカやポンカンもたくさんあります。ぜひ家族連れで来てください」と呼び掛ける。十日は午後三時から午後九時まで、十一日は正午から午後八時まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ