ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

7月14日(水)

  サンパウロ市ブルックリン区にあるショッピング・マーケット・プレイスのレジャーランドに十一日午後八時、女一人を含む三人組が拳銃を持って侵入、従業員三人を人質に取り、現金を強奪しようとした。犯行を目撃した他の従業員がアラームボタンを押して警備員と軍警に通報。強盗のうち二人は金庫を開けて四千三百レアルを手にし、人質に銃を突き付け十五分間立てこもったが、ついに投降した。女は逃走した。
     ◎
 サンパウロ州コチア市の三十五都市サッカー対抗戦でペルイーベ・チームのウエリントン・G・ナスシメント選手(18)がハンドボールチームのファビオ・シウヴァ容疑者(22)に刺殺された。二人はコチア小学校の二教室に各チーム別々に宿泊していた。休憩時間に加害者はテレビでコスタリカ戦を観戦し、隣の部屋のラジオがうるさいと口論になった。夕飯のとき両選手は乱闘になり、殺人事件となった。
     ◎
 機関銃などで武装した八人から十二人の男らが十一日未明、大サンパウロ市圏イタペビー市の警察署を襲撃し、「首都第一コマンド(PCC)の金髪女」との異名を持つ女を救出、監房の扉が開いた機会を生かして十九人の留置者が正門を通って脱走した。PCCによる同朋の救出作戦は四十五日以内に今回を含めて三度起こり、計二百二十九人が「解放」されている。
     ◎
 サンパウロ市東部ジャルジン・ラジェアード区にある住宅の庭で、くるぶしに鎖を巻きつけられた十四歳の少女を近所の人が発見、警察に通報した。娘が家を出ないよう、鎖を足に巻きつけていた父親(43)を警察は虐待の疑いで捜査し始めた。両親によると、昨年十月から娘は家出を繰り返し、一週間近くも家に帰らないことがあったという。「友達と夕方まで外にいさせてくれなかったから逃げた。これからも逃げる」と娘。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年7月24日 東西南北  サンパウロ市地下鉄の発表によると、毎年発表している1月1日から6月11日までの期間における、同地下鉄における重大な故障の発生状況が、2000年の統計開始以来、過去最悪になっていたことがわかった。今年発生した故障は44件で、計61時間にわたり、乗客が迷惑を被ったことになったとい […]
  • 《ブラジル》パラー州=ベレン都市圏で殺人相次ぐ=再び襲った「暴力の波」2018年5月24日 《ブラジル》パラー州=ベレン都市圏で殺人相次ぐ=再び襲った「暴力の波」  パラー州都ベレン市とその周辺で22日、6件の殺人事件が起きたが、その内の5件は夕方から夜にかけての数時間の内に発生し、「暴力の波」が戻ったと23日付現地紙サイトが報じた。  夕方からの事件は、ベレン市内にあるパノラマ21と呼ばれる集合住宅で起きた、バイクで人を運ぶモトタクシ […]
  • 東西南北2018年3月17日 東西南北  14日夜以降、「マリエーレ・ショック」に襲われている最中のブラジル。国内ニュースはこの件でほぼ独占状態だが、それにしても、国民がこれほどに一致団結して抗議活動を行うのはジウマ大統領の罷免前以来ではないだろうか。不人気なテメル政権やルーラ元大統領の裁判結果に対しても、国民の反応 […]
  • 東西南北2017年3月30日 東西南北  28日に無事に18年のサッカーW杯出場が決まったセレソン。他の地域よりも予選が長く、参加チームのレベルが高いことで知られる南米予選は10月まで開催されるが、半年以上も余裕を持って出場が内定したのは異例のこと。今回、こんなに早く出場が決まったのは、同夜、ライバルと目されるアルゼ […]
  • 《ブラジル》軍警スト縮小、エスピリトサント州平常へ=リオ州4日目で影響わずか=サッカー絡みで死者発生も2017年2月14日 《ブラジル》軍警スト縮小、エスピリトサント州平常へ=リオ州4日目で影響わずか=サッカー絡みで死者発生も  【既報関連】エスピリトサント州で4日朝から始まった軍警ストは、13日に10日目に入った。  軍警親族は引き続き、同州軍警大隊の出入り口を封鎖し、軍警の出動を阻んでいる。10日夜には軍警と州政府の間でスト終結に向けた合意が成立し、軍警は11日朝7時から勤務に戻るとの報道が […]