ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

 NHKテレビがサンパウロでも見られるようになったのはいいが、移民の多くには不満もいっぱいある。その第一の理由は天気予報の放映回数が多すぎることである。尤も、気象庁の予報が正確なのは九割と少し。「晴れ」の予報なのに「雨の日」も結構あるそうだ。兎にも角にも―日本人は日々の天気が気掛かりで仕方がないのである▼田舎の山奥では村の年寄りがよく「朝照っかりは雨が降る」と語ったものである。これが不思議なくらいよく当たる。年寄りの親や祖母らの代々が古く遠い昔から自然に学んだ「気象学」のようなものが親から子へと語り継がれたものだろう。それでも天気予報は今でも難しい。これほど天文学や気象の研究が進んでいるのにである▼死者六人、不明四人を出した新潟と福島の集中豪雨が、これを如実に物語っている。大雨の警告はあったけれども、まさか―これほどの雨と思った人々は少ない。新潟県の三条市では五十嵐川の堤防が百二十メートルも決壊し陸上自衛隊が救援のため出動したし、一万五千世帯余に避難勧告が出され担当の大臣が視察に出向くの大変な騒ぎである▼この日―。東京や関東は熱中症が出るほどの猛暑。東海や近畿は梅雨明けが発表されている。のに―すぐ側の新潟と福島の会津地方では典型的な梅雨末期の集中豪雨。保育園の園児ら六十六人が孤立しヘリコプターで救出されるなど悲惨な被害もいっぱいある。気象庁は警告を発令したが、これほどに天気予報は難しい。十三日付けの辻清美は辻元清美の誤りです。 (遯)

04/07/15

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》予防接種会場に響く音楽=週2回オーケストラが生演奏2021年5月11日 《サンパウロ市》予防接種会場に響く音楽=週2回オーケストラが生演奏  サンパウロ市で60~62歳の人への新型コロナの予防接種が始まった6日、同市南部サントアマロ区アドルフォ・ピニェイロ大通りにある特設接種会場、パウロ・エイロー劇場(Teatro Paulo […]
  • 東西南北2021年5月11日 東西南北  8日、リオ市のエドゥアルド・パエス市長が、市内のローダ・デ・サンバ(輪になってサンバを歌う場)でマスクも着けずに生演奏で歌っている姿がネット上で流出。10日朝、謝罪を行う事態が発生した。リオ市では7日に規制緩和が発表され、バーは23時までの営業が可能となっていたが、サンバ・バ […]
  • 《ブラジル》アラウージョ前外相=クロロキン最優先の外交展開=ワクチン関心なしとF紙報道2021年5月11日 《ブラジル》アラウージョ前外相=クロロキン最優先の外交展開=ワクチン関心なしとF紙報道  3月に辞任した前外相のエルネスト・アラウージョ氏が、コロナウイルスへの効用がないとされるクロロキンの国外からの購入に関し、中心となる役目を担っていた疑惑が浮上した。同氏は上院でのコロナ禍に関する議会調査委員会(CPI)で召喚対象となっている重要人物のひとりだ。10日付 […]
  • 《ブラジル》コロナ死者の減少傾向維持=気になるリオ州の感染者増=ファイザー製ワクチン再配布2021年5月11日 《ブラジル》コロナ死者の減少傾向維持=気になるリオ州の感染者増=ファイザー製ワクチン再配布  新型コロナの死者は7日間の平均が2千人超の状態が50日以上続いている。だが感染学上の第14週(4月4~10日)に週間の死者最多(2万1141人)を記録して以来、4週連続で前週比減を記録し、若干ながら落ち着き始めている。ただし、新たな変異株が確認されたリオ州では感染者が […]
  • 《サンパウロ州》新たな予防接種日程を発表=新型コロナとインフルエンザ2021年5月11日 《サンパウロ州》新たな予防接種日程を発表=新型コロナとインフルエンザ  サンパウロ州政府が7日、新型コロナの予防接種の優先グループに50~54歳で恒常的な障害や慢性疾患を持つ人86万5千人を加えると発表した。  州政府は毎日のように新しいグループを優先接種対象に加えている。10日はダウン症の人、人工透析者、臓器移植後で免疫抑制剤の使用者 […]