ホーム | 日系社会ニュース | 日本への疑問を解消 日語学ぶ学生がインタビュー

日本への疑問を解消 日語学ぶ学生がインタビュー

7月16日(金)

  国際交流基金サンパウロ日本語センターは、ブラジル全国の大学日本語講座で学ぶ学生の内、特に優秀な学生をサンパウロに招いて「全国大学生サンパウロ研修Aコース」を、十四日午後二時半から同センター小ホールで行なった。
 中級程度の日本語能力を持つ学生六人とブラジルを知る会会員ら日本人協力者十六人が参加した。学生はパラナ州、セアラ州、ブラジリアなどからも来聖。渡辺博在サンパウロ日本国領事(広報文化担当)も会場を視察した。
 学生は下調べとして雑誌や本、ビデオなどから日本についての情報を収集。この日は、情報を実際に日本人に確認したり疑問を解消したりする場だった。一人の学生と二、三人の協力者がグループになって、学生のインタビューに協力者が答える形式ですすめられた。
 インタビューのテーマは家族、結婚、大学生、電車、食事のマナーの五つ。「なぜ日本人は電車の中で隣の人と話さないのか」、「なぜ日本人は音を立てて食事をするのか」などの学生の質問に、協力者はできるだけ易しい日本語を使って答えた。
 学生からは「おもしろかった。もっと勉強しなければ」などの感想が相次いだ。
 吉川真由美日本語センター専任講師主任は「こちらから日本人はこうだ、と決めつけず、自分なりの日本の見方を探してもらうのが目的。各グループとも話がとても弾んでいた」と話した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年5月8日 東西南北  9日はサッカーのサンパウロ州選手権のグループリーグの最終節(第12節)の8試合が一斉に行われる。今回は波乱の大会で、すでにサントスが決勝トーナメントに進めずに脱落決定。この日の結果によっては、同選手権での2部降格もあり得る状態になっているほか、パルメイラスも結果いかんで決勝ト […]
  • 《サンパウロ州》現行の外出規制2週間延長=商店の営業時間は9時までに2021年5月8日 《サンパウロ州》現行の外出規制2週間延長=商店の営業時間は9時までに  サンパウロ州政府が8日、新型コロナ対策としての外出規制を「移行レベル」のまま2週間据え置くが、商店などの営業時間は延長すると発表したと同日付伯字サイトが報じた。  移行レベルの据え置きは、直近7日間の死者の平均値や新規の入院患者数の平均値が期待したほど下がらず、高止まりして […]
  • サンタクルス病院=29日に「日本病院」名復活=戦中の連邦介入以来79年ぶり2021年5月8日 サンタクルス病院=29日に「日本病院」名復活=戦中の連邦介入以来79年ぶり  サンパウロ市南部にあるサンタクルス病院(Hospital Santa Cruz、佐藤マリオ理事長)は7日、同院の創立記念日4月29日を機に「サンタクルス日本病院(HOSPITAL JAPONÊS […]
  • 東京埼玉宮城=持ち帰り屋台まつり開催=カレーパン、豚味噌角煮など2021年5月8日 東京埼玉宮城=持ち帰り屋台まつり開催=カレーパン、豚味噌角煮など  宮城県人会(上利エジガー会長)、埼玉県人会(吉田章則会長)、東京都友会(鈴木ワグネル会長)の3県人会は30日に「宮城埼玉東京屋台祭り」を開催する。  会場は、サンパウロ市リベルダーデ区にある宮城県人会館(Rua […]
  • 《ブラジル》マンジック氏が死去=ネット黎明期の成功者2021年5月8日 《ブラジル》マンジック氏が死去=ネット黎明期の成功者  ブラジルにおけるインターネット黎明期の成功者として知られるアレッシャンドレ・マンジック氏が6日、サンパウロ市で死去した。66歳だった。6、7日付現地紙、サイトが報じている。  マンジック氏は1954年にサンパウロ市で生まれ、1972年にサンパウロ州技術学校を卒業後、シーメン […]