ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

 さきごろ三重、奈良、和歌山の三県にまたがる「紀伊山地の霊場と参詣道」の世界文化遺産への登録が決まった▼ところが、めでたい、とばかり喜んではいられない。霊場の一つで、修験道の道場である大峰山の女人禁制を巡って、性別の不平等をなくそうとする団体と信徒との間で激しい議論があるそうだ。成り行きによっては、世界遺産の返上も辞さない、というからたいへんである▼隣の大阪府でも、毎年のように大相撲大阪場所のおり、女性知事が土俵上で優勝力士を表彰したい、と要請、これに対して元締めの協会が、伝統に反するからダメです、と応じ、結局、女性禁制が維持され、差別は直らない▼ブラジルの私たちが住む周囲では、幸いというべきか、こういう議論になる素地がないので、鬱陶しくなくていい▼土台、日系人の移民社会は、女性の力がなかったならば、成り立たなかった。「移民妻」という言葉を見たり、聞いたりすると、開拓時代、農作業と家事・育児の両方を受け持った忍耐力に満ちた女性を思い浮かべる。時を経て、男も女も平等に高齢化したが、先に降参したのは、どうやら男である▼先日の日本祭りの「食」と「芸能」の紹介の場での、活力あふれる、あの女性たちの活躍ぶり!敵わないのだ。女性禁制とか差別などあり得ようはずがなく、仮に議論が生じたら、禁制論者はそれこそ吹っ飛ばされるだろう▼さて、霊場での妥協案には、女性が登れる、特別期間の設置などがある。如何なりますか。(神)

04/08/06

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大城バネサ=歌手生活15周年で南米公演=充実した1年を振り返る=「もっと『長良川悲恋』歌いたい」2019年2月5日 大城バネサ=歌手生活15周年で南米公演=充実した1年を振り返る=「もっと『長良川悲恋』歌いたい」  【岐阜県羽島発】アルゼンチン出身の日系歌手、大城バネサさん(37)が昨年、日本デビュー15周年を迎えた。現在、活動拠点としている岐阜県羽島市で1月17日に取材に応じ、南米3カ国公演や新曲発売など充実の1年を振り返った。  大城さんは亜国ブエノス・アイレス出身で、一世 […]
  • アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと2019年2月5日 アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと  昨年末をもってサンパウロ新聞(以下、サ紙)が廃刊した。あちこちから「それについて書かないのか」とせっつかれる。他人ごとではないだけに非常に気が重いテーマだ。まず思い浮かぶのは「お疲れさま。お互いよくここまで持った」という感慨だ。110周年まで日刊2紙が生き残ったこと自 […]
  • 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも2019年2月1日 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも  日本移民110周年記念として、昨年から始まったGLイベンツとTASAイベンツ共催の『第2回リオ祭り』が25、26、27日の三日間、リオ市のリオセントロ・コンベンション・イベントセンター第4パビリオンで盛大に開催された。リオ最大規模の日本祭りで、昨年よりも1割多い、延べ […]
  • 徳島県人会の新会長は原田氏=賃貸問題は弁護士が交渉中2019年1月31日 徳島県人会の新会長は原田氏=賃貸問題は弁護士が交渉中  ブラジル徳島県人会(大原勝美会長)は26日午前、サンパウロ市ツクルビー区の同会館で19年定期総会を開催し、原田昇氏が会長に返り咲いた。  賃貸契約の更新を巡り、赤字運営に悩む県人会が昨年末に4割値上げを求めたため、カラオケ・ダンスで利用する日系文化協会との間でいさか […]
  • ■訃報■木原好規2019年1月30日 ■訃報■木原好規  和歌山県人会で長年会長を務めてきた木原好規さんが28日、癌のため亡くなった。享年82。葬儀は29日、市内アルピーナ火葬場で行われた。  木原さんは和歌山県紀の川市出身で、1960年に渡伯した。竹中商会に長年務め、和歌山県人会では05年から5期10年にわたって会長を務 […]