ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

 「山くらげ」は、訪日して食べてみて、知っている人もいた。ブラジルにはなかった食材だ。それがグァタパラ移住地で栽培され、〃国産〃ができた。進取の気質に富む日本人農業者が、また一つこの分野で寄与したのだ。
 さて、この食材、畑から収穫した段階では、なんの変哲もない野菜?らしい。茎の皮を剥いて乾燥させて、おいしさが生じる。この作業が難しく、面倒だとされる。
 「こんな厄介なこと(皮剥き)は止めようと思っていたが、注文がきて止められなくなった」と言うのは栽培者宅の主婦だ。新食材だから、と料理の工夫を始めたのも栽培者の妻。女性の力なくしては、普及が進まない好例。
 おそらく近い内に、皮剥き機が発明され、レシピが添えられ、市販されることになろう。楽しみだ。(神)

04/08/10

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 三島由紀夫は、なぜコロニアについて書かなかったのか2017年2月24日 三島由紀夫は、なぜコロニアについて書かなかったのか  三島由紀夫とブラジルは相愛関係かもしれない。当地では『Depois do […]
  • 東西南北2016年12月7日 東西南北  ジョアン・ドリア次期サンパウロ市市長は5日、市主催の音楽・文化イベント「ヴィラーダ・クウツラル」を、従来の市内の複数会場での開催ではなく、インテルラゴス・サーキットに移す意向だと明らかにした。同サーキットではロック・フェスティバル「ロラパルーザ」も開催されている会場であり、イ […]
  • 《ブラジル》ワセフ弁護士が発言一転=「暗殺計画からかくまった」=ケイロス捜査はドリアらの陰謀?2020年6月27日 《ブラジル》ワセフ弁護士が発言一転=「暗殺計画からかくまった」=ケイロス捜査はドリアらの陰謀?  ファブリシオ・ケイロス容疑者を1年以上にわたってかくまっていたことが問題視されている、ボウソナロ大統領一家の元弁護士フレデリック・ワセフ氏が、これまでの「会ったことない」から一転して、「ケイロス氏が暗殺されそうだとの情報を得たからかくまった」と発言して物議を醸している […]
  • ピンドラーマ=1月号発行2010年1月16日 ピンドラーマ=1月号発行 ニッケイ新聞 2010年1月16日付け  コジロー出版社の情報誌「ピンドラーマ」1月号が発行された。 […]
  • サントス丸同船者会=23日に三重会館で2007年9月20日 サントス丸同船者会=23日に三重会館で ニッケイ新聞 2007年9月20日付け  一九五七年(昭和三十二年)九月十二日にサントス丸が着港してから半世紀が経ち、野沢今朝幸さん、宮坂説雄さん、神林義明さんの三人が「サントス丸五十周年記念同船会」の案内のため十日、来社した。 […]