ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

8月27日(金)

 ホームレス連続殺人事件はモンタージュ写真で犯人の身元が判明、逮捕の日も遠くないとの情報。一方、ホームレス介護団体は職場斡旋や医療保護など地方自治体の支援を長い間求めたが、ようやく受理された。州の管轄ではないが、無料宿泊所の増設と無料健康診断を州知事は約束。また公共機関へ五百人の就労も予定。市も負けていない。九月二日から就労あっせんに乗り出す。また月五十一レアルの宿泊費を負担するという。
     ◎
 サンパウロ州都市圏鉄道公社(CPTM)のブラス駅で二十五日午前九時、乗客を満載した列車がホームに進入したが、止まらず遮断壁に衝突して停車した。乗客は将棋倒しとなり、百一人が負傷してタツアペ市立病院とサンタカーザ病院へ収容された。列車は停車のため徐行していたので、ブレーキの故障とみられる。激高した乗客らが、運転手や鉄道員に暴力を振るうなどの騒動が起きた。
     ◎
 パラー州アウタミーラ市から九十キロ離れたアマゾン密林で二十五日、エンジントラブルで不時着した単発機がほぼ二十四時間ぶりに発見され、乗客三人とパイロット一人が救出された。遭難を知らせようと四人はたき火を起こし、空軍が二十四日夜に現場を確認した。パイロットは今回が二度目の不時着だったという。
     ◎
 アテネオリンピック、ヨット競技スタークラスでトルベン・グラエル、マルセロ・フェレイラ両選手が二十六日に優勝を決め、ブラジルに三個目の金メダルをもたらした。なおトルデン選手はこれまでの大会で金、銀、銅二個を獲得、今回が五個目で、個人ではメダル最多のブラジル人となった。女子バレーボール代表はフルセットの末ロシアに惜敗、三位決定戦で銅メダルに挑む。

image_print

こちらの記事もどうぞ