ホーム | 日系社会ニュース | 90歳男性も歩く!=「国際歩け歩け大会」成功

90歳男性も歩く!=「国際歩け歩け大会」成功

8月28日(土)

 第八回国際歩け歩け大会が、去る十五日、リベルダーデ広場~イビラプエラ公園日本館コース(約十二キロ)で行われた。リベルダーデ歩こう友の会(高木ラウル会長、日本市民スポーツ連盟認定)主催だった。
 午前七時、リベルダーデを出発、アクリマソン公園、トリアノン公園を通過、予定通り十一時に日本館にゴールした。
 参加は、コチア農業学校で研修中のメルコスル加盟国の若者を含めおよそ三百五十人。七歳から九十歳まで厚い年齢層の人たちだった。男性最年長は村本より頼正さん(90、イピランガ)、女性最年長は森美栄さん(84、ヴィラ・マリアナ)。第一回(九七年)からの連続参加者は女性五人、男性一人だった。
 サントスからは、五年連続浦本さん夫妻が参加、若年層の姿が多くみられ、主催者は「今後の集いに期待が持てる」と意を強くした。

image_print

こちらの記事もどうぞ