ホーム | 日系社会ニュース | 後沢博士の記念碑に=「山は削れる」の言葉刻む

後沢博士の記念碑に=「山は削れる」の言葉刻む

9月17日(金)

 [既報関連]サンタカタリーナ州サンジョアキン市のサンジョアキン文化体育協会(佐藤ラウロ会長)は、去る七月末、「りんごの里」入植三十周年を祝った。同祭で恩人・後沢憲志農学博士の遺徳を偲び、「後沢憲志章」を制定、三人の元知事と栽培の先駆者三人に同章を贈り、顕彰した。
 近く、後沢憲志記念碑が建立され、イナウグラソンが行われるが、碑の制作者は日系政治家で、彫刻家のエルソン・キヨタカ(清貴)オオツキ(大槻)さんである。同氏には、これまでやはりりんご栽培に貢献したペドロ・デ・アウカンタラ・リベイロ氏の碑(りんごの断面に顔の像がある)はじめいくつかの作品がある。
 後沢博士の碑には博士の言葉「石は除けれる、山は削れる、気候は人間の力では変えられぬ」が刻まれるという。言葉は、石山の寒冷地(サンジョアキン)にかじりつき、りんご栽培を成功させた篤農家たちの苦労を語ったものだ。
 大槻さんの叔父、鈴木達夫さんによれば、大槻家は旧仙台藩の由緒ある家系だという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ニッケイ法律相談=その3=回答者 古賀アデマール弁護士2011年7月12日 ニッケイ法律相談=その3=回答者 古賀アデマール弁護士 ニッケイ新聞 2011年7月12日付け  質問=70歳以上の夫婦です。一人娘がいます。現在住んでいる家の名義を、生存中に彼女のものにしておきたいと考えていますが、それは可能でしょうか。 […]
  • 《ブラジル》マリア・バストス社会経済開発銀行総裁辞任=融資引き締めに産業界が反発=連警捜査の打撃も大きく2017年5月30日 《ブラジル》マリア・バストス社会経済開発銀行総裁辞任=融資引き締めに産業界が反発=連警捜査の打撃も大きく  社会経済開発銀行(BNDES)総裁のマリア・シルヴィア・バストス氏が26日に辞職したと、27日付現地紙が報じた。  後任には地理統計院(IBGE)のパウロ・ラベロ・デ・カストロ氏が就く。また、バストス氏に仕えたBNDES幹部たちは、引継ぎだけを行う。 […]
  • 岡山県人会=定期総会・新年会を12日2012年1月14日 岡山県人会=定期総会・新年会を12日 ニッケイ新聞 2012年1月14日付け  ブラジル岡山県文化協会(根岸健三会長)は2月12日午前10時(第2次招集)から、サンパウロ市リベルダーデ区の同会館(Rua da Gloria, 734)で2012年度定期総会を開く。 […]
  • ■今週末の催し2016年3月24日 ■今週末の催し  26日(土曜日) 名画友の会映画鑑賞会、昼12時半、熟連(Rua Dr. Siqueira Campos, 134) 27日(日曜日) イペランジアホーム支援歌謡祭、午前8時、スザノ市同ホーム(Estrada Tani, 751, Vila […]
  • 1歳の天才男児が=ビートルズ演ずる2013年6月5日 1歳の天才男児が=ビートルズ演ずる ニッケイ新聞 2013年6月5日  サンタカタリーナの1歳11カ月男児がビートルズの曲をウクレレで演ずる姿がネットに流れ、閲覧数は6日間で100万回以上。「ポールに見せたい」とは父親の弁。 […]